pickup
国指定史跡真脇遺跡の出土品を見る!「真脇遺跡縄文館」【能登町】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです。

能登町の真脇遺跡のすごさをここで学ぶことができます。

そして国の貴重な文化財となっている遺跡の出土品を見ることができますよ。

真脇遺跡の奇跡を是非ご覧下さい!

真脇遺跡とは

真脇遺跡とは、能登町で1982年から1983年にかけて発掘された遺跡です。

発掘された縄文時代の遺跡は国指定史跡となる大変貴重なものばかりでした。

その真脇遺跡の遺跡の一部は国重要文化財に指定されています。

その貴重な遺跡の出土品を実際に見ることができますよ。

能登空港から車で約40分の真脇遺跡縄文館

真脇遺跡のそばに建つ「真脇遺跡縄文館」。

真脇遺跡の発掘により出土した貴重な品々が解説とともに展示されています。

まず、入口からまっすぐ廊下を進み、突き当たると、受付があります。

受付前にはモニターがあり、そこで3分程度の解説動画を視聴します。

まずは真脇遺跡の基礎知識を得て、展示物を見るのですね。

縄文文化の宝庫 真脇遺跡

縄文時代、縄文文化については、、「真脇遺跡」の記事に記しましたのでどうぞご参照ください。

すべて本物の真脇遺跡出土品!

※館内は撮影禁止ですが、許可を得て取材として撮影させていただきました。

館内は、真脇遺跡で発掘された、すべて本物の出土品が展示されています。

発掘された際には細かく崩れた状態であった土器も、専門家によりひとつひとつ組み立て上げられ、見事に当時の形として展示されています。

本物の縄文土器です!

教科書でしか見たことがありませんでしたが、こちらでは間近で見ることができます。

縄文土器の模様の精巧さ、デザイン性は間近でみるとため息が出るほど美しく見えました。

そして保存状態のよい出土品は国の重要文化財に指定されています。

イルカの骨がたくさん出土されている真脇遺跡

真脇遺跡では、イルカの骨がたくさん出土されています。

能登の海には今もイルカがいます。

何千年前から、イルカがいたのですね。

出土品ひとつひとつに驚かされます。

真脇遺跡縄文館の販売コーナー

真脇遺跡縄文館の展示室以外に、

フジのツルの繊維を使って編まれたコースターや、古代米が販売されていました。

縄文時代に思いを馳せることができるような小物が売っていましたよ。

ちなみに私は古代米を購入しました。

白米のご飯に混ぜて炊きます。

うっすらと紫がかったご飯が炊きあがりました!

真脇遺跡縄文館の入館料は?

真脇遺跡縄文館は有料です。

大人 330円

高校生以下 160円

となっています。

国の重要文化財があり、知れば知るほど貴重なものが並んでいるとわかる真脇遺跡縄文館。

目の前には真脇遺跡の場所があります。

歴史好きな方、遺跡が好きな方には強くオススメする真脇遺跡です。

夏休みの子供の学習にも最適かと思います!

【真脇遺跡 詳細】

住所:石川県鳳珠郡能登町字真脇48-100

【真脇遺跡縄文館】

住所:石川県鳳珠郡能登町字真脇48-100

電話:0768-62-4800

営業時間 9時~17時

休館日:毎週月・火曜日(祝日の際は変更あり)

入館料:大人330円、高校生以下160円

真脇遺跡縄文館までのアクセス

●車で

北陸自動車道金沢森本IC→約20分→のと里山海道白尾IC→約80分→能登空港IC(終点)→約40分→真脇遺跡

●公共機関で

金沢駅→JR・のと鉄道(和倉温泉駅乗換え)穴水駅まで約2時間→穴水駅から路線バスで真脇まで約60分、真脇下車後徒歩5分

 


スポンサーリンク
おすすめの記事