pickup
「椿展望台」は大きな椿の木と美しい海景色そして「獅子岩」を望める絶景スポット【珠洲市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

珠洲市はたくさんの絶景スポットがあります。なかでも「椿展望台」はその中でも殊更絶景で、立ち寄りやすい立地となっています。ドライブには絶好のスポットです!

「椿展望台」をご存知ですか?

能登半島は美しい自然がたくさんあります。

中でも、海の景色はあらゆるスポットで絶景となっています。

「椿展望台」は、その海景色を高台から眺めることのできる絶景スポットです。

大きな椿の木が真ん中にある「椿展望台」

この「椿展望台」は、珠洲の山道をひたすら走っていきます。

珠洲の山、といっても海岸すぐそばにある山々ですので、車を走らせながら海がチラチラを見えますよ。

珠洲の椿峠という高台にある展望台が「椿展望台」です。

車を降りて、展望台はすぐそば。眼下に美しい絶景が一面広がります。

見下ろした瞬間には、日本海を独り占めしたような気持ちになるくらいです!

展望台には大きな椿の木がありますよ。

訪れたのは3月初旬。椿の蕾がたくさんついていました。少し蕾がふくらんでいるものもありました。

このあたりは椿峠、というくらいですので周りにも椿の木がたくさん見られます。

ゆっくり景色を楽しむことができますよ。

広めの駐車場の傍らにはちゃんとトイレもあるのでご安心くださいね。

禄剛崎(ろっこうさき)をめぐるみち

中部北陸自然歩道として、能登半島の先端である禄剛埼灯台からこの椿展望台までの歩道案内がありました。

禄剛崎からこちらまで約2時間半の道のりのようです。

案内看板は残念ながら腐食して見えにくくなっています。

しかしこの景色を見ながらのウォーキングは飽きることがない絶好のコースだと思います。

そして、この椿展望台がゴール、というわけですね。

能登半島国定公園に指定されている「椿展望台」

「椿展望台」は能登半島国定公園に指定されています。

能登半島国定公園とは、

能登半島の外浦と呼ばれる石川県の西側側面、内浦と呼ばれる東側側面の景観を主にする広域に指定されている公園です。石川県の能登半島の海岸線から富山県にも及んでいます。

この美しい景色は確かにその価値があります。

椿展望台の正面に立つと、海の景色の説明があります。

目の前の景色と説明を是非見比べてみてくださいね。

ここではあえて海の絶景は掲載しないでおきましょう(笑)

獅子岩を見ることができる「椿展望台」

椿展望台からは、「獅子岩」という奇岩を見ることができますよ。

椿展望台に立って左上を見上げてみてください。

山の中腹に少し突き出た岩が見えますか?

その岩が獅子のような顔をしているように見えます。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、大きな口が見えました。

ちなみに、椿展望台をあとにして輪島方面へ車を走らせると、道の途中でこの獅子岩を正面から見上げることができました。

正面からだとさらに獅子らしく見えましたよ!

海鮮料理などがあるという「つばき茶屋」が隣接

椿展望台の道をはさんですぐ横には「つばき茶屋」という食事処があります。

訪れた日は生憎と閉まっていましたが、気になる「嫁礁(よめぐり)海鮮」という、メニュー名?

またこの地を訪れる楽しみが増えました。気になります!

奥能登のドライブでは大抵通るこの道。

わかりやすい立地ですので、絶景中の絶景、「椿展望台」に是非お立ち寄りくださいね。

 

【椿展望台 詳細】

特長:能登半島国定公園

住所:石川県珠洲市折戸町木ノ浦

駐車場:無料

トイレ:あり

 


スポンサーリンク
おすすめの記事