pickup
世界農業遺産「白米千枚田」を一望できる道の駅 千枚田ポケットパーク【輪島市】
スポンサーリンク
のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!
能登半島北部に位置する世界農業遺産の棚田千枚田にある道の駅「千枚田ポケットパーク」をご紹介します。

日本海に面する棚田を見渡せる道の駅

輪島市内から車で国道249号線を珠洲方面へ道なりに進み、20分ほど走ると左側に千枚田ポケットパークが見えます!
白米千枚田に隣接する場所にあり、棚田千枚田の絶景を見ることができます。
季節ごとに移り変わる日本海と棚田の風景をゆっくりと楽しむことができます。

レストハウスでは能登のお土産を買うことができます

 千枚田の棚田で収穫されたお米を買うことができます。その名も「絶景」です。
小泉純一郎元首相が訪れたとき、この棚田を見て「絶景だよ、絶景」と褒め称えたというエピソードにちなんで、「絶景」という名前で商品化したそうです。
 また、そのお米を使ったお菓子も販売しています。
地元輪島市のお菓子、地酒、お味噌、お漬物など地域の特産品が並んでいます。
 
レストハウス前では地元の野菜も販売しています

イートインコーナーでお食事ができます

 
お食事メニュー
【写真】メニュー
  棚田米おにぎり 各種 180円
 ・天然塩おむすび・きゃらぶき・イカのゴロ・お母さんの梅・岩のり
  おにぎりセット  500円
  あごだしうどん、あごだしそば  各450円
  のと海藻うどん、のと海藻そば  各600円
  輪島ふぐらうめん(1日限定20食) 1,100円
  輪島ふぐからあげ  500円
  かかし  150円
  千枚田コロッケ  120円
  えがらまんじゅうソフト  400円
  能登きなこあずきソフト  380円
  里山サイダーフロート  400円
  里海サイダーフロート  400円
  各種ソフト  300円
イートインで海を眺めながら、テラス席で風を感じながら食べるのもいいですね。またドライブを楽しみながら食べるのも良さそうです。
 注文カウンターの壁には、ここを訪れた有名人のサイン色紙がたくさん飾られていました。

観光案内のコーナー

 
インフォメーションとして、ディスプレイがあり、千枚田の説明などが映像で流されています。
また、観光案内、イベント情報などのパンプレットやチラシが数多く置いてありますので、まだ行き先に悩んでいらっしゃいましたら、旅の参考にしてみてはいかがでしょうか。

小島商店さんの販売コーナー

レストハウスに向かって左側に「小島商店」さんがあります。
こちらは、たくさんの海の幸、あご出汁などの調味料、一夜干しを販売しています。海藻がたくさん並んでいて食べ方も教えてくれますよ。
 
テイクアウトとして、お米のソフトクリームやたい焼きも販売しています。
店先には最近まで海女をしていたお母さんが座っていて、海藻の旬の時期などを教えてくれました。1月~2月岩のり、3月~5月わかめ、6月~8月もずく・えごなど、いつも獲れたて新鮮な海産物を買うことができます。
輪島・千枚田のご当地ソフトクリームとして、この棚田で収穫されたお米をポン菓子にして、カップの下にポン菓子を敷きその上にソフトクリームがのっているものが売られています。サクサクのポン菓子とソフトクリームの絶妙なマッチングを是非味わってください。
千枚田名物「たいやき」は、バスガイドさんにも大好評です。
 能登塩とよもぎの2種類があり、生地はモチモチ、あんこがあっさりとしたとても美味しいたい焼きです。ピンク色は生地に天然の能登塩を使用しています。みどり色は地元のよもぎを使用していて、モチモチの生地がまるでお餅の様です。 1個200円。
 (たいやきの販売は11月から春先頃までだそうです。)
【千枚田ポケットパークの詳細】
レストハウスの開館時間:午前8時30分~午後5時
※あぜのきらめき開催期間中:(売店)8時30分~20時/(軽食)9時~19時30分
定休日:無休
駐車場:一般自動車 49台(内1台EV普通車充電器含む)
    障害者用 2台
    観光バス 5台
住所:輪島市白米町八部99番地4
電話:0768-34-1004

スポンサーリンク
おすすめの記事