pickup
日本三大パワースポットのひとつ!聖域の岬・空中展望台スカイバード【珠洲市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです。

能登半島のさいはて、珠洲市。

その能登半島最先端の絶景を是非、ご覧ください!

珠洲市にあるパワースッポット

石川県の最先端。

そこは能登半島最先端です。

その岬は「聖域の岬」と呼ばれ、絶景を望むことができる空中展望台「スカイバード」、「青の洞窟」があります。

その岬の下には、全国的にも有名で人気のある「ランプの宿」があります。

金沢駅から車で約2時間30分、

七尾駅からは車で約1時間50分です。

結構な道のりですが、十分に能登のドライブを楽しむことができる距離です。

車を走らせ、到着するとすでに絶景です。

駐車場はとても広くとられています。

駐車場そばには、望気楼と呼ばれるスモールヴィラがあります。

とても開放感があり、景色と海風をまともに感じることができるちょっとしたスペースです。

同じく、駐車場横にある石彫アート。

広大な景色をこの石彫アートからのぞくと、まるで額に縁どられた景色を見ることができます。

併設の施設で入場券購入

「聖域の岬」、空中展望台「スカイバード」、「青の洞窟」は同じ敷地内にあります。

その区域内に入るために、まずは入場券を購入します。

聖域の岬 自然環境保護センター

聖域の岬 自然環境保護センター内に入場券を購入できる自販機があります。

※2022年3月現在

青の洞窟・空中展望台 入場料

大人1名1500円

小人(小学生以下)1名200円

いずれも障害保険付きとなっています。

こちらでは区域の案内MAPがあり、係員さんが進み方、見所を説明してくださいましたよ。

ちなみにこちらではショップ・カフェも併設されています。

並んでいる商品は、通常のお土産品ばかりではなく、

パワースポットらしい、スピリチュアルなものが多くならんでいます。

窓際には展望席があります。

贅沢な席ですね。

空中展望台 スカイバード

さて、入場券を購入し、「入口」としめされたゲートに向かいます。

入場券にあるコードを読みこみ、入場となります。

空中展望台スカイバードは、二階建ての小さな建物ですが、建っている場所は海抜30m!

その海抜からして、展望するには十分な高さです。

展望台から、空中に歩道が9.5m延びています。

構造上、柱がありませんので揺らさずに静かに歩いてくださいね。

この歩道上は、定員は4~5名となっていました。

歩道を静かにすすむと・・・意外に揺れます!風はさほど強くない日だったのですが、

この高さで、なんといっても岬の先端でもあります。足が少しすくみました。

しかしここから一望できる景色は、他のどこでも見ることが出来ない絶景です!

素敵な写真を撮ることができるスポットでもありますよ。

すごく様になりますね!

眼下にはかの有名な「ランプの宿」が見えました。

歩道先端から展望台を振り返るとこんな感じです。

展望台の中に入り、階段を登ってみます。

さらに高い場所から見下ろす日本海は、水平線がなんだか丸く見えます。

水平線の彼方まで見渡すことができます。

能登半島最先端 聖域の岬

空中展望台スカイバードから少し進むと、聖域の岬へと続く歩道があります。

ここは本当に能登半島の先端なのですね。そこを歩いています。

目の前は最先端の岬です。

ここが、能登半島最先端です。

柵越しですが、下を覗き込むのに少しひるんでしまいました。

そしてこの木の形!

周りに何もなく、常に海風を受けてこの形になったのでしょう。

まるでオブジェのようです。

海の透き通った青さが見えます。

この高さからでもわかる透明度!その美しさと自然の造形美に感動します。

日本三大パワースポットのひとつ 聖域の岬

この聖域の岬は日本の三大パワースポットのひとつと呼ばれている、スピリチュアルゾーンです。

国内外から多くの方がパワーを求めてくるようです。

同じ区域内にある「青の洞窟」は別記事でご紹介いたしますね。

能登半島最先端、聖域の岬は素晴らしい場所でした。

遠い場所ではありますが、一度は訪れて、その絶景を見ていただきたい場所です。

ここでしか味わえない感動があります。

 

【聖域の岬・空中展望台スカイバード・青の洞窟 詳細】

珠洲市三崎町寺家10-11

営業時間 8:30~16:30(2022年3月現在)

※営業時間は変更の可能性もあるため事前に確認していただくことをオススメします。

 


スポンサーリンク
おすすめの記事