pickup
能登にもあるトトロのバス停!一味違うトトロに会えます!【羽咋市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

トトロのバス停と言えば、大分県佐伯市の轟(トトロ)地区にある「ととろ」のバス停が有名で、大きな猫バスの看板や、トトロやサツキやメイの人形が置かれていて、人気の撮影スポットとなっていますが、実は能登にもトトロのバス亭があるんです!

全国のトトロのバス停

トトロ人気にあやかって、全国には大分県以外にもトトロのバス停と呼ばれる映えスポットがあるようです。

長崎県長崎市には、トトロや子供さんが中に入れる猫バスがあるし、宮崎県の高原町にも、バス停の横に佇む大きなトトロがいます。いずれも、ジブリファンには人気のスポットのようで、SNSにたくさん写真が投稿されています。

のとのトトロのバス停

石川県、特に能登ではマイカーがないと不便な地域が多く、公共交通機関といえば、鉄道は七尾線の1路線だけで、あとは路線バスになります。都会から来られると、本数の少なさにビックリされるようなバス停もあります。地元のお子さんや、年配の方の利用が多いバスですが、バス停も待合室があったりなかったり。そんなバス停の一つに、トトロのバス停と呼ばれるところがあるんです。でも、他のトトロのバス停とはちょっと趣向が違って、バス停にトトロがいるのではなく、なんとバス停の待合室自体がトトロなんです!

丸太で作られていますが、すごく上手く雰囲気が出ていると思いませんか?

「羽咋中学校前」のバス亭

こちらの場所は、羽咋市の市街地。バス停の名前は羽咋中学校前です。

北陸鉄道のバス停で、金沢から富来へ向かう北鉄能登バスの路線バスが走っています。

実はすでにこちらも、インスタ映えスポットとして写真を撮りに来られる方もいる人気スポットになっているんです。

特に桜の時期の、桜とトトロのコラボが人気のようです。

ただ、こちらのバス停は、普通に車で走っているだけでは気づかないくらい、ひっそりとしています。

反対側の道から見るとこんな感じです。

 

意識してみないと目には入ってこない感じです。

地元羽咋市の方で、それこそ何百回もこの道を通っている人に聞いてみても「そんなもんあったか?」と言われてしまいました。

バスを利用する機会がないと、地元にいても気づいていない方も多そうです。

なので、見に行くなら、しっかり場所を把握してから行かれた方がよさそうです。地元の方に聞いても道案内してもらえない可能性が高いです。

となりのクリーニング店「ヤングドライ」さんは結構目立つので、そちらを目印にするとわかりやすいかもです。

トトロの中が待合室

近づいてみても、結構トトロ感があって、待合室の中に入る時、トトロの口の中に入っていくような気になります。

 

 

中はこんな感じです。二人座れて、雨をしのげるのは4~5人というくらいの広さでしょうか。

制作秘話!

いったい誰がこのバス停を作ったのでしょうか?

地元の商工会の方のお話によると、こちらは10年以上前に、地元羽咋高校の建設造形科の生徒さんたちが卒業制作としてつくられたそうです。たくさんの方の目を楽しませてくれる、素敵な卒業制作になりましたね。

アクセス

ジブリファン、トトロファンの方には、ぜひ足を運んでみていただき,素敵な写真を撮っていただきたいと思います。

ただし、こちらは、頻繁に車が通行する主要道路沿いですので、お車で来られる方は、くれぐれもほかの車の通行の妨げにならないようにお気を付けください。羽咋市の千里浜インターから約3分のところにあります。

電車で来られる方は、羽咋駅で降りてください。駅からは徒歩で10分程度です。タイミングがよければ、バス停までバスに乗れるかもしれません。7:40羽咋駅発で、7:45着の一日一本のみ確認できました。

地元の方が利用されているバス停ですので、ご見学の際は、ぜひ利用者の方へのご配慮もお願いいたします。

トトロ岩もあります!

せっかく能登へ来られたなら、ついでにトトロ岩もご覧いただくのはいかがでしょうか?

こちらのバス停から、車で約1時間。輪島市の海岸沿いにトトロに見える岩があり、こちらもインスタ映えスポットとなっています。

詳しくはこちらの記事をご参考に!

 

【トトロのバス停】
住所:〒925-0052 石川県羽咋市中央町キ

北陸能登バス「羽咋中学校前」バス停

 


スポンサーリンク
おすすめの記事