pickup
潮風を浴びながら海での釣りを手軽に楽しめる「海づりセンター」【能登島】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

手ぶらで行っても海釣りをみんなで楽しめるスポット「海づりセンター」

自然が豊かな能登島

能登島は、七尾市にある自然がとても豊かな島です。本土とは、2つの橋でつながっています。

ひとつは、石川県で一番長い橋である「能登島大橋」。能登島と七尾市石崎町を結ぶ、全長1050メートルもの橋です。

そしてもうひとつは、「ツインブリッジのと」です。

これらの橋で能登島へ渡ったら、能登島の北部海岸へ向かってみましょう。

のとじま水族館の横にある「海づりセンター」

「海づりセンター」は、のとじま水族館の横に位置します。

「海づりセンター」は、能登の内浦の波穏やかな海上に設けられた施設で、実際に海に釣り糸を垂らして釣りを楽しむことができます。

また、家族やカップルなど、幅広く多くの人々に愛されているスポットです。

どんな魚が釣れるのか?

海で実際に魚を釣る「海づりセンター」では、四季折々、釣れる魚が変わります。

春はメバルやアイナメ、夏はクロダイや鯵、秋はメバルやカレイ、冬はウミタナゴなど、その時期にしか釣れない魚もいるので、魚釣りが好きな人も楽しめます。

魚ギョ選手権やウォンテッドというキャンペーンも開催!

「魚ギョ選手権」は、「海づりセンター」より対象の魚が提示されます。その種類の魚を釣りあげた方、上位2位に記念品が進呈されます。

また「ウォンテッド」企画は、こちらも海つりセンターが指定した種類の魚を生きた状態で提供すると、なんとその釣りあげた魚が水族館でデビューするのだそうです。自分が釣り上げた魚が水族館の中で泳ぐ姿を見れるなんて、とても嬉しいですよね。

釣具をもっていない方も手ぶらで楽しめる!

「海づりセンター」は、レンタルグッズが充実しています。

貸竿、エサ、釣具販売もしているので、手ぶらで来て手軽に利用することができます。

水族館へ遊びにきたついでに、海釣りも楽しむことができるなんて、嬉しいですよね。

自然の中で、体感できる海釣りはとても気持ちがよいものです。

実際に、大物を釣り上げていらっしゃる方もいるので、ぜひ、大物狙って海釣りを楽しんでみてくださいね。

【「海づりセンター」施設紹介】

住所:石川県七尾市能登島曲町15部40(のとじま水族館内)

電話番号:0767-84-1271

料金:

・海づりセンター入場料(税込)

一般(高校生以上)520円 小・中学生310円

・のとじま水族館を利用したお客様特別パック

「入場料&貸竿代&エサ代(オキアミ)」がセットになっています。

一般(高校生以上)810円 小・中学生610円

※セット販売は、のとじま水族館へ入館した方のみの料金となります。

また海の上での釣りとなるため、下記注意点があります。

【海釣りセンターご利用の注意事項】

  1. 入場者は安全のため、ライフジャケットを着用してください。
  2. 12歳未満のお子様が入場される場合は、必ず保護者又は引率者の方が付き添ってください。
  3. お子様連れの方は、お子様に危険のないよう十分に注意してください。
  4. 危険防止のため、釣り場への酒類の持ち込みはご遠慮ください。また、飲酒されている方は入場しないでください。
  5. 投げ釣りはできません。
  6. ペット(犬・猫等)を連れての入場はできません。
  7. 空き缶、エサ袋等のゴミは、必ずゴミ箱へ捨ててください。
  8. 必要以上に釣台を占有しないでください。
  9. 釣りのマナーを守り、職員の指示に従ってください。

10.以上の行為に違反した場合、退場していただく場合がありますので、十分注意してください。

11.一度入場された場合は、返金いたしませんのであらかじめご了承ください。


スポンサーリンク
おすすめの記事