pickup
癒しの空間で美味しい自家焙煎珈琲を味わう「YAGI CAFE」【七尾市】
スポンサーリンク
七尾市千野町に11月新しくオープンした「YAGI CAFE」をご紹介します。
わざわざ行かないとたどり着かない場所にありますが、好きな人はドはまりするユニークなお店ですので、ぜひ一度行ってみてください!

たけのこの里のカフェ「YAGI CAFE」外観

七尾市の千野町というと、昔から筍の産地として有名だったそうで、春になるとタケノコ料理を食べに行ったという思い出がある方も少なくないようです。
実際に今も千野町には竹林がたくさんあり、「YAGI CAFE」から眺める庭の先にも立派な竹林があります。
そんな千野町にご実家があったマスターの平さんが、この場所でカフェを開業されました。
大通り沿いのミスタータイヤマン七尾店の横から入って、能越自動車道の下をくぐって真っ直ぐ進み、
こんなところに本当にカフェがあるのかと不安になったころ、妙劔白石神社の向かいにかなり特徴的な外観の建物があらわれます。
駐車場は建物の右手にあります。
入り口にも小さい看板があります。ここの左手になりますので、行き過ぎないようにお気を付けください。

土日限定でオープン!

マスターの平さんは、平日は別のお仕事をされています。
趣味でコーヒーを淹れていたことから始まって、しばらく前に実家のあった千野町にこだわりの建物をつくられました。
そして、満を持して、2022年11月にカフェをオープンされました。
当面はお仕事がお休みの土日のみのオープンとなります。

TAIRA BASE YAGI CAFE

カフェの裏手に、こんな建物があります。
こちらはカフェの名前にもなっている、ヤギ用の小屋です。
まだヤギはいません。
広い敷地の雑草を食べてもらうのが目的で、来春から飼育する予定だそうです。
お子様が喜びそうですよね。

店内の様子

店内に入ると、落ち着いた木造の空間が広がります。

こちらは玄関で靴を脱いで上がるスタイルです。
知り合いのご自宅にお邪魔するような感覚です。
中へ入ると、外から見た形のまんまの吹き抜けのある空間が広がります。
温かそうな暖炉。大きめの窓の向こうに広がる自然の景色。
ゆったり過ごせそうな雰囲気です。
窓と反対側には、カウンター席もあります。
マスターとお話を楽しみたい方はこちらがオススメ。
とても穏やかで、気さくなマスターです。
気がむけば、趣味のバイオリンを披露してくださるかも。
二階にも席があります。
ゆっくり自分の時間を楽しみたい方にオススメです。

自家焙煎珈琲

YAGI CAFEでは、自家焙煎のこだわりのコーヒーが楽しめます。
メニューはこちらです。

MENU

珈琲  ジュース (税込)

オーダープレンド   ¥500
コロンビア      ¥500
モカ                             ¥500
バリ        ¥500
ブラジル                     ¥500
パプアニューギニア    ¥500
   追加は一杯100円です。 

津軽りんごジュース ¥300

焼き菓子(数に限りがあります)

ディアマンクッキー 6個 ¥300
  (バター、ナッツ、抹茶を各2個)
レモンケーキ / ウィークエンド ¥400
キャラメルケーキ¥400

おすすめセット

珈琲/ケーキセット・・・ ¥800
珈琲/クッキーセット・・ ¥700

珈琲サブスク会員

月定額で珈琲フリー ¥2500

(ケーキやクッキーは個別会計です)

一杯ずつドリップで入れるコーヒー

コーヒーは、一杯ずつ手寧にドリップ式で淹れてくれます。
オリジナルブレンドは、自分の好きな味でお願いできるという珍しいシステムです。
豆を選んでも良いし、苦味が好き、酸味が好きなど言えば、適当に選んでもくれます。
二杯目100円で、月額定額2500円で飲み放題のサブスクシステムもあるのは美味しい珈琲をたっぷりゆっくり楽しんでほしいという思いから。
コーヒー好きのマスターならではの、コーヒー好きのお客さんのためのサービスです。
自家製のケーキ、クッキーもあり、ケーキセット、クッキーセットもあります。
モカとキャラメルケーキセット、パプアニューギニアとレモンケーキを頂き、その後、追加でブレンドを頂きました。
次はパソコンを持ち込んで暖炉で暖められた二階の席でゆっくりしたいと思います。
コーヒー好きの方は、ぜひ一度お立ち寄りください!
【YAGI CAFE 店舗詳細】
住所:石川県七尾市千野町20‐10丙
電話:080-8048-7903
営業時間:土曜・日曜のみ営業 12;00~18:00


スポンサーリンク
おすすめの記事