pickup
七尾にある山の寺寺院群の1つ「常通寺(じょうつうじ)」
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

山門まで続く美しい杉並木は風情があるインスタ映えポイント!

おうち旅を楽しんでみてくださいね!

のとルネ
1970.01.01
のとルネ
https://noto-renaissance.net/stayhome-thanks-campaign/
能登の総合情報サイト

浄土宗知恩院末 攝取山「常通寺(じょうつうじ)」

美しい杉並木の道を抜けると、「常通寺」の山門があります。杉並木はまだ十数年の若木だそうですが、とても風情がある道が続いています。

「常通寺」は能登守護大名 七尾城主畠山氏の家臣・松本忠成の次男が出家し光明院と称しました。そして後日、今の常通寺に改称されたといわれています。

山門の前には六体の地蔵

「常通寺」の前には六体地蔵と呼ばれる地蔵がいます。

境内は広く開放的

とても綺麗に手入れされています。

とっても広大な敷地です。寺院内を回っているだけでとても気持ちがよかったです。

そして、広い敷地の中に、井戸の名残でしょうか、ちょっと気になりました。

美しい自然ときれいに手入れされている寺院。

ほっと一息できる空間でした。

「常通寺」は、瞑想の遊歩道の一番七尾駅寄りのお寺なので、まずはこちらに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

【「常通寺(じょうつうじ)」施設詳細】

住所:石川県七尾市小島町チ78

電話番号:0767-52-2695

拝観料:無料

 

 

 


スポンサーリンク
おすすめの記事