pickup
七尾にある山の寺寺院群の1つ「實相寺(じっそうじ)」
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

樹齢700年の椎の木からは、とても強いパワーをもらえる気がします。

おうち旅も楽しんでみてくださいね!

日蓮宗京都本国寺末 本源山「實相寺(じっそうじ)」

草創は永禄9年日順の開山です。

實相寺は、日蓮宗京都本国寺末のお寺で、鬼子母尊神と清正公の二尊を祀っています。

實相寺に門前に立派な仁王様

實相寺は、門前に立派な仁王様が2体いらっしゃいます。

その迫力に驚きました。

そして中へと進んでいくと、1本の柱があります。この理由はよくわからなかったのですが、門中正面にある柱は思わず触ってご利益をいただきました。

参拝を済ませ、右側をみると何やら看板が立っています。

樹齢700年椎の神木が祀られている

看板の先には、お寺の横に入っていくよな、軒先のような場所があります。

おそるおそる進んでいったところ、驚きの光景が広がっていました。

樹齢700年椎の神木の迫力に思わず息を飲みました。

この神木の宿り神は「妙連大善神」あるいは「天狗様」ともいわれ「絶対絶命の際祈らば一度は必ず助ける」という神託があるとのことです。

有名アニメ映画に出てくるような、大きな大きな椎の神木でした。

新法華谷名所のお祖市様が祭られた場所が隣にある

實相寺を出て、隣の坂を昇ると、新法華谷名所のお祖市様が祭られた場所がありました。

實相寺の樹齢700年椎の神木のパワー。身体中で感じることができました。長くこの地を守ってくださっている神木の力。

ぜひ体感してみてください。

【「實相寺(じっそうじ)」の施設詳細】

■市指定文化財 絹本著色日蓮画像 一幅

住所:石川県七尾市小島町リ126

電話番号:0767-52-2793

拝観料:無料


スポンサーリンク
おすすめの記事