pickup
海の恵みをたっぷり含んだ「輪島塩」【輪島市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

長い工程を踏んでできあがる貴重な海の恵み「輪島塩」の作られる工程もしっかり学んでほしい!

海の恵み、天の光を浴びて作られるミネラル豊富な「輪島塩」

日本海の海水をたっぷり使って作られる輪島塩。

この輪島塩は400年ほど前から奥能登に伝わる伝統製法で作られています。

曽々木、珠洲方面へ向かう途中の最初の塩田であるため、ここから多数の塩田が立ち並ぶことから、塩の道と名付けられたようです。

●「塩の駅 輪島塩」とは揚げ浜式製法で作られた塩が有名な塩田

輪島塩は、昔ながらの製法に基づいて作られる塩を作っています。

そして「塩の駅 輪島塩」は資料館として、輪島塩を学べる場所にもなっています。

輪島塩の店内外には、塩田作業に使われる昔ながらの道具が多数展示されています。

また、職人の方が希望者には、どのように塩は作られるのか、これらの道具はどうやって使うのか等も詳しく丁寧に教えてくださいます。

揚げ浜式製塩とは?

揚げ浜式製塩とは、海水を砂地の塩田に撒き、日光の光と熱で乾いた砂を集め、海水で洗い流します。そしてより濃い海水と取るのです。そしてこの濃厚な海水を大釜で煮立てていくことで揚げ浜塩が作られます。

これらの作業で使う道具などは、店内と店外に展示されているので身近で見ることができます。

「塩づくり体験」も用意されている!

輪島塩には、2つの「塩づくり体験」が用意されています。

・マイ塩ブレンド体験

・塩づくり体験

どちらも予約が必要なので、体験希望の方はお電話してくださいね。

また上記以外にもミニ塩田体験というものもあります。

夏休みの自由研究に、塩づくり体験

この塩づくり体験は子供の学ぶ機会にも成り得ます。

以前に、小学生が塩づくり体験の模様を自由研究の題材にしました。親も子も楽しめてしかも美味しい塩ができる。自由研究にピッタリではないでしょうか。

デッキからは美しい日本海がみれる

「塩の駅 輪島塩」の日本海側に立地しているデッキがあります。

ここからは、とても美しい日本海の景色をみることができます。なにも隔てるものがない青い空と美しい青い海は、見ているだけで時間を忘れてしまいます。

なかなか体験できないような塩にまつわる体験もここだからの楽しみになるかもしれません。

店内では塩の購入も可能

輪島塩の店内では、多くの種類の塩が用意されています。

スタッフの方に聞きながら、自分にぴったりの塩を探すこともできます。

たかが塩と思われるかもしれませんが、揚げ浜式製塩の輪島塩は、普段食べている塩とは全く違うくらい塩本来のうまみがあります。

カリウムも豊富に含まれている輪島塩は、一度食べると癖になる味です。

ぜひ、足を運んでみてくださいね。

 

【「輪島塩」施設詳細】

住所:  石川県輪島市町野町大川ハ17番2号

電話番号:TEL 0768 (32)1177 FAX 0768 (32)1182

営業時間: 9:00~17:00

定休日 : 3月~11月  毎日営業  

12月~2月  土日祝日営業(冬期時短あり)


スポンサーリンク
おすすめの記事