pickup
能登半島・内浦の海岸線にある天女の言い伝えが残る「弁天島」【能登町】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

奥能登の内浦の海岸線にはたくさんの見所がありますよ。

その一つ、弁天島を紹介しますね。

立山連峰が見える海岸線

能登町宇出津(うしつ)から海岸沿いにさらに奥能登へ車を走らせます。こちら羽根、という地域です。

石川県独特の形から、県内で「内浦(うちうら)」と呼ばれるこの海岸線。

ここから、富山県にそびえる立山連峰の稜線を見ることができます。

お天気が良ければその姿がはっきりと見え、絶景を見ながらドライブをすることができます。

美しい景色に気持ちよく車を走らせていると、さらに美しい景色が見えます。

思わず車を停めて見入ってしまいました。

道路の脇からおりて歩いていくことができうそうです。

潮の満ち引きがあり、ここへ渡る道は波で見え隠れするのかもしれません。

写真は逆光で少し見づらいのですが、小島に鳥居が見えます。

その奥には祠も見えます。

地名の由来ともなった言い伝え

この小島は「弁天島」とよばれ、言い伝えのある島でした。

管板にあった説明文です。

*****

弁天島には、地元の漁師の若者と天女との悲しい物語が伝えられています。

若者の妻となった天女が、嵐に遭った若者を助けるために海に身を投げ、自らの命と引き替えに若者を助けるという伝説です。

一人残された若者は嘆き悲しみつつも、それから後豊漁がつづいて財産もできます。

人々はそれを天女が海神「弁財天」となったためと信じ、この小島を弁天島と呼ぶようになりました。

また、若者と羽衣が流れ着いた浜を「はね」と呼び、その一帯を天女の名「お浦」にちなんで「小浦が崎」と呼んだことによって、

現在の「羽根」、「小浦」の地名がおこったとも言われています。

*****

悲しいような、でも美しい言い伝えがあるのですね。

海は穏やかで波一つありませんでした。

美しい弁天島が尚更美しく見えます。

向こうの岬は、能登町宇出津の岬です。

能登半島ならではの岬の折重なりが魅せる美しい海岸線です。

奥能登へ車で行く際は、様々なルートがありますが、

あえて海岸線をゆっくり走るのもオススメです。

古き良き町並みと、漁師町ならではの景色、そして能登半島ならではの絶景を見ることができますよ。

ちなみに、道路から弁天島は東方向にあり、午前中はこの景色は逆光となります。

午後ははっきりくっきり弁天島の姿を映すことができるかもしれませんね。

次回は午後に通って見てみようと思いました!

 

【弁天島 詳細】

能都内浦線

鳳珠郡能登町羽根


スポンサーリンク
おすすめの記事