pickup
室内大型遊具で雨の日でも遊べる!「こどもみらいセンター」【能登町宇出津】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです。

能登町宇出津(うしつ)の町中に、子供たちがみんな喜ぶ施設がありますよ。

訪れてみてびっくりの大型遊具がありますよ。

児童館・子育て支援・放課後児童クラブ事業を担う

宇出津の町の中心部には、以前は鉄道があり、宇出津駅もありました。

現在は図書館やお土産処、観光案内などが入った複合施設「コンセールのと」、病院、飲食店などが集まっています。

その中心部にほど近い場所に「こどもみらいセンター」があります。

カラフルな建物で目立ちますね。

元々は保育園だった建物だそうです。

こちらの「「こどもみらいセンター」では、

児童館機能、放課後児童クラブ機能、子育て支援機能があります。

玄関に入ると左側に受付があります。

受付をすれば町民以外の利用も可能です。

感染対策をしっかりして、入館しましょう!

人気遊具!「赤むし青むし」

玄関を入ってすぐに目につくのがこちらのカラフルな大型遊具「赤むし青むし」です。

今から20年も前に導入された遊具で、他の町や市からも子供が好んで遊びに来るほど人気の遊具です。

入り口は、下からです。

注意事項

①外側からは登らない

②密接を避けるため、のぼりのみとなります。

③お友達との距離をとって遊びましょう

です。

頑張って、下から入って、登りましょう!

 

ゴールは、二階にある出口ですよ。

中はこんな風ですよ。

もう、入るだけでワクワクしてしまいます!

こんな遊具があるだけで、身体とそして頭も使いますね!子供にとっては嬉しい遊具だと思います。

大人も一緒に入って遊ぶことができますよ。

球技などができるプレイルーム

2階には、広々としたプレイルームがあります。

卓球、バドミントン等球技ができますよ。

球技道具やなわとび等の貸し出しは1階の受付で行っています。

混んでいるときは30分を目安に交替で遊びましょうね。

明るい室内で、伸び伸びと遊ぶことができますね。

ボードゲームがそろう!絵本の部屋

さて、場所は1階の「絵本の部屋」。

こちらでは絵本、漫画などの本が並びます。光が十分に入って明るいお部屋です。

絵本の部屋の前には、室内で遊ぶことができる遊具の写真があります。

希望の遊具を選んで、受付に申し出て貸し出しを受けることができます。

(使用ごとに消毒され、感染対策もしっかりされています)

この時写真にあったのは・・

ラキュー、けん玉、ウノ、色紙、ブロックス、そして「ごいた」。

人気は「ラキュー」という緻密なブロックに似た玩具です。

遊具の種類はもっとたくさんあり、定期的に入れ替えているそうです。

ここで、注目すべきは「ごいた」です!

能登町宇出津発祥「ごいた」

能登町宇出津に来たならば、「ごいた」のことは語らなければならないでしょう。

今から約150年前に能登の漁師町の宇出津地区で発祥し、現在も全国で楽しまれている伝統娯楽遊戯です。

明治時代、宇出津地区の漁師たちが、海が荒れて漁に出ることができない時に、陸でやり過ごすのに始めた遊びだったようです。

現在はインターネットなどで評判を呼び、全国で行われるボードゲーム大会で楽しまれているそうで、

ゲーム人口は約1万人にも及ぶそうです。

そのごいたは、ここ「こどもみらいセンター」の絵本の部屋で遊ぶことができますよ。

以前には、ここでごいた保存会の方々による指導も行われていたそうです。

そして、ここでごいたをマスターした当時の小学生が大会本選に出場するまでの腕に育っていったそうですよ!

ごいたは私もしたことがあるのですが、一度やりだすと熱中し、時間を忘れてしまうほど面白いゲームです。

場所も道具もわずかですので、いつでもどこでもできます。

子供たちがはまるゲームのひとつだと思います。

くつろぎの畳のコーナーもありますよ。

近隣には小学校がありますので、放課後に寄って本を読んで行く児童、ゲームをしていく児童もいるそうです。

学校の近くに、そして町中にこういう場所があるのは保護者としても安心できるのではないでしょうか。

料理教室ができる「料理の部屋」

こどもみらいセンターには、他にも多機能なお部屋があります。

こちらは料理教室ができる「料理の部屋」です。

子育て支援事業の一環で、離乳食教室もこちらで開催されています。

町の栄養士さんや保健師が直接指導してくださいます。

未就学児の「支援ルーム」

こちらは未就学児までのお子さんが親子で過ごすことのできる支援ルームです。

小学生は入ることができません。

室内には育児に関する情報や行事案内があります。

1歳児が乗れるブランコ

外へ出てみましょう。

日陰になる東屋があります。

特筆すべきはこのブランコではないでしょうか。

1歳児も乗ることができるブランコがありますよ。(ただし保護者の付き添いは必要です)

子供はブランコが大好きです。楽しい声が聞こえてくるようです。

ちょっとかわった遊具もありました。

これは頭も身体もしっかりと使って遊べそうです。

子供に関する様々な機能が揃ったこどもみらいセンター。

小さいお子さんから大人まで一緒に遊ぶことができます。

小学生親子で訪れて楽しむこともできますよ。

雨天でも館内で思いっきり遊ぶことができます。

能登町宇出津には、とても良い施設があるんですね!安心して過ごすことができますよ。

【こどもみらいセンター 詳細】

住所:  鳳珠郡能登町字宇出津タ字46番地1
電話番号: 0768-62-1503
営業時間: 【4月~9月】9:15~17:30 【10月~3月】9:15~17:00 *土日は16:00閉館
休館日: 月曜日、第1・3・5日曜日 祝祭日 年末年始

 


スポンサーリンク
おすすめの記事