pickup
春は桜、秋は紅葉の「鳳来山(ほうらいさん)公園」【輪島市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです。

輪島市は、あちこちに美しい景色があります。

鳳来山(ほうらいさん)公園は、海と山との景色を楽しむことができる公園です。

また、数々の著名人が訪れて、句を詠んでおり、句碑も残されています。

160年前にできた鳳来山公園

鳳来山公園は、袖ヶ浜海岸のすぐそばにある「ホテル八汐」の横を通るようにしてすすみます。

登り道を進むと、公園があります。

春には桜やツツジが咲き、秋には紅葉と、風光明媚な景観の公園と石川県のホームページに説明がありました。

広場があり、四方に小径があり、それぞれ遊歩道となっています。

確かに、桜のたくさん植えられています。

ネット上では鳳来山公園の情報はあまり載っていなかったのですが、

案内看板がありましたので、ここに記載しますね。

【鳳来山公園 由来】

安政年間に小池和平衛氏によってひらかれた丘で、松や桜が枝を交え、はるか東方には名峰高州山が、眼下には袖ヶ浜光浦海岸が、そして北上洋上には七ツ島が望見される風光明媚な公園である。

大正2年に鳳至郡内の戦没者をまつる忠魂碑が建てられ、六百余柱の英霊が合肥されている。この碑は、下で柏手を打つと反響を起こす仕組みになっており、昭和9年に来遊した野口雨情が「お手々鳴らせば鳳来山の銅の鳳鳳も共に鳴く」の名歌を残しており、その記念碑が建っている。

北方一段高い丘には、明治15年に建立された文部省輔議官九鬼成海の七言の漢詩がある。

また、南東の中腹には松尾芭蕉の「鶴の巣も見らるる花の葉越かな」の句碑が建っておりその傍らには能登三十番札所の観音堂(誓願寺)も建っていたが、風雨で崩壊して現在は鳳来堂(永福寺)横に移転されて、その跡地だけが残されている。

鳳来堂の境内には高浜虚子の「能登言葉親しまれつつ花の旅」の句碑もある。

(鳳来山公園 案内看板より)

景色がよく、有名な歌人による句碑もある鳳来山公園。

まずは展望台のある道をすすんでみます。

七ツ島が見える展望台

新緑の頃に訪問したのですが、この年の整備がまだ入っていないようでした。

緑豊かな小径です。

残念ながら展望台に設置されていたであろうベンチは破損していました。

しかし景色は廃れていません。

海面にうっすら七ツ島の姿が見えるのがわかりますか?

晴れ渡れば7つの島が見えるそうなのですが、この日は4~5つの島が確認できましたよ。

こちらは別の散歩道へすすむ小径です。

森林浴が出来、気持ちよさそうな小径ですね。

こちらは戦没者をまつる忠魂碑です。

この碑は、下で柏手を打つと反響を起こす仕組みになっているそうですよ。

童謡作家として有名な野口雨情が、「お手々鳴らせば鳳来山の銅の鳳鳳も共に鳴く」の名歌を残しています。

野口雨情といえば、代表作は『赤い靴』『雨降りお月さん』『七つの子』『十五夜お月さん』『シャボン玉』『こがね虫』『青い眼の人形』など、とっても有名な童謡ばかりです!この地にいらして、手を合わせてくださったのでしょう。

公園自体はそんなに広くはなく、景色を楽しみ、森林浴を楽しむには十分の公園です。

さて、来た道とは違う道で公園を出まして、坂道を下ります。

すると、住宅街の中に出ました!

わりと勾配がある階段です。

住宅も坂道の途中に建っており、風情ある町並みです。

住宅街のすぐ裏にある鳳来山公園。

町民にとっては健康的な散歩道となっていることと思います。

【鳳来山公園 詳細】

石川県輪島市鳳至町

バリアフリートイレあり

料金 無料
交通アクセス(車) ・のと里山空港ICから約30分(のと里山海道)
交通アクセス(公共) ・道の駅輪島(ふらっと訪夢)から徒歩20分
駐車場 5台


スポンサーリンク
おすすめの記事