pickup
NHK連続テレビ小説「まれ」で登場の「いろは橋」【輪島市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

深紅の赤と青い空のコントラストが美しい「いろは橋」!

 

2015年から放送されていた輪島を舞台にしたNHK連続テレビ小説「まれ」

多彩な俳優や女優の方が出演されていたNHK連続テレビ小説「まれ」。多くの方に愛されたNHKのドラマでした。

その「まれ」の舞台となったのが、石川県輪島市なんです。

●舞台となった輪島市にあるまれで登場の「いろは橋」

ドラマでは通学シーンなどで多数登場した朝市と、上町通りをつなぐ輪島塗をイメージした橋である「いろは橋」。

2020年の春ごろまでは、橋の補修や塗りなおしでカバーがかかっていました。現在は、工事も終わり、とても美しい姿を見ることができます。

新規の赤と黒のコントラスタがとても美しい橋

「いろは橋」で使われている赤は、輪島塗をイメージして作られています。

修復が終わった姿は、さらに美しさを増したとても素晴らしい橋です。

「いろは橋」の近くには「輪島ドラマ記念館」もある

NHK連続テレビ小説「まれ」で使われたロケセットなども多数展示されている「輪島ドラマ記念館」。

「輪島ドラマ記念館」もいろは橋のすぐ横にあるので、合わせて楽しむことができます。

「いろは橋」は実際に渡れるのか?

「いろは橋」は、普段の生活道路として輪島市民の方など多くの方の生活の1部の道路として実際に使われている橋です。

その為通行は無料で、だれでもわたることができます。

まれの気持ちで橋を渡ってみることもできますよ。

撮影ベストポイントは?

いろは橋を正面に見て撮影する場所もとても綺麗にみることができますが、もう一つの撮影ベストスポットは、「輪島ドラマ記念館」ないにある窓際の席です。

「輪島ドラマ記念館」は入場無料なのですが、「輪島ドラマ記念館」の窓際には、クラッシックな席が用意されています。

ここでは、能登のサイダーをお試しで1杯100円で楽しめます。能登の爽やかなサイダーを片手に、窓際から見る「いろは橋」は美しいです。

NHK連続テレビ小説「まれ」を見られていた方は、ぜひ輪島へ遊びにいったときには、気軽に楽しめる「いろは橋」と「輪島ドラマ記念館」を訪れてみてくださいね。

【「いろは橋」施設紹介】

住所:石川県輪島市鳳至町下町 ※「輪島ドラマ記念館」横

駐車場:なし ※近隣の駐車場を利用

料金:無料


スポンサーリンク
おすすめの記事