pickup
朝市で美味しい甘酒が飲める!能登輪島「白駒」蔵元日吉酒造店【輪島市朝市通り】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、グルメ担当とっちです!

全国でも有名な石川県輪島市の朝市。

そこに、ほっこりする酒屋さんがあるのでご紹介しますね!

朝市駐車場から朝市通りに入ってすぐの酒造店

朝市の駐車場から朝市通りに入ってすぐ、とても優しく、ほっこりする香りがしました。

近くにはコップを熱そうにすすっている人が何人かいらっしゃいます。

大正元年創業、日吉酒造店

店頭に出ていた方が、「大正元年創業だけど、酒屋としては若い方だよ!」とおっしゃっていました。

そうなんでしょうか?伝統のある看板とお店だと感じました。

輪島名物!白駒のあま酒

ふと見ると、こんな案内板が。

「あったか~いあま酒」の言葉と良い香りにつられました。

なんと1杯100円です。少し寒い日でしたので、駆け付け一杯気分で甘酒をいただくことにしました。

酒粕で免疫力アップ!の文字にも惹かれます。

日本酒「白駒」の酒粕で作られたあま酒

お店に入り、甘酒をお願いしました。

お店の中では、甘酒がほかほかに温められています!酒粕の、とても良い香りはここからです!

コップ1杯で100円です。お安いですね!

そして甘酒は、酒粕の粒々が少し残った、トロリとしたとっても美味しい甘酒です。

身体も温かくなり、これから朝市通りを歩こう!という気持ちになり、元気になります。

飲み終えても、しばらくするとまた飲みたくなりました。クセになるような甘酒です。

甘酒のアルコール度数は1%未満ですので、運転は可能です。

車でいらした方も、安心していただくことができますよ。

日本酒の試飲ができる!

店頭に立つ、きさくな店員さんがお酒の説明をしてくださいます。

ひとつひとつ、丁寧な説明が書かれています。

そして、こちらで販売しているお酒を試飲することができます!

各種お酒の試飲の金額です。

●ちょっと一杯(すべて80ml)金額は税込

・大吟醸 白駒 350円

・純米大吟醸ささのつゆ 250円

・純米酒 おれの酒 200円

・純米酒 白駒 150円

・吟醸 白駒 200円

・本醸原酒 輪島朝市 150円

・本醸造 能登の酒 100円

・ささのつゆ 400円

(2020年11月現在)

運転する方は、試飲はできません。

他に運転手のいる方、またはバスでいらっしゃった方は是非試飲し、自分好みのお酒を選んでくださいね。

購入したお酒は全国発送可能です。   

他で買い求めたお土産も、同梱して送ることができますよ。

 

お酒を入れるかわいい袋も必見です!

こちらはお酒を入れるかわいい袋。300mlの瓶2本が入ります。

お酒入り、おつまみ入りなどセットされており、お土産として気軽に買い求めることができます!

袋のみでも、販売されていました、しっかりした生地、このデザイン。かっこいい!

価格は400円でした。

お酒が入っていなくても購入したくなりますね。

「白駒」蔵元の日吉酒造店

“蔵元のこだわりと能登杜氏によって造られた辛口の酒をお届けします”金瓢白駒(きんぴょうしらこま)

お酒の名前について、説明がありました。

金瓢白駒(きんぴょうしらこま)とは。

明治に移った地が馬出小路にあり、酒造りに最適な湧水に恵まれたことから、演技の良い「瓢箪から駒」を酒名に取り入れました

と、ありました。そして、

“ある夜、投手の夢に金の瓢箪をつくた白い駿馬が踊り来て、酒造りを始めよと告げたことに従ったのが始まり。戦前までは白馬を飼い毎年春祭りには氏神に献馬していた”

とのこと。幻想的で力強い由来を持つお酒です。

他にも、店内には能登のお酒が並びます。

永井豪さんのオリジナルラベルの日本酒

輪島市といえば、「デビルマン」や「マジンガーZ」の作者で有名な漫画家・永井豪さんの出身地です。

その永井豪さんの描いたラベルの日本酒がありました!

永井豪さんの漫画を見て育った50・60代のお父さんたちのお土産にしたら、テンションがあがるのではないでしょうか!

 

輪島朝市には永井豪記念館もありますよ。

 

酒蔵見学は予約制

日吉酒造店では、酒蔵見学ができます。

ただし、事前予約となっていますので、問い合わせをしてみてくださいね。

歴代の看板が、古い物好きにはたまりません。

 

輪島朝市には、たくさんの絶品が並びます。

まずは甘酒を飲んで温かくなってから、ゆっくり朝市を巡ってみませんか。

【能登輪島の地酒 日吉酒造店 店舗詳細】

石川県輪島市河井町2部27-1(朝市通り)

電話番号 0768-22-0130


スポンサーリンク
おすすめの記事