pickup
魚もいいけど能登牛もオススメ!ステーキ・洋食「わら庄」【輪島市朝市内】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、北谷彩織です!

昭和43年から営業の洋食屋!能登牛も能登豚もどのメニューを食べても間違いなしです!

 


日本三大朝市の1つに数えられる有名な観光スポット、輪島朝市。
能登はよく魚が旨いと言われますが「魚もいいけどお肉もね!」ということで、この輪島の朝市でお肉をがっつり食べたいときにオススメなお店があります。

輪島朝市内にある洋食の名店といえば

輪島『わら庄』は昭和43年から営業されている洋食屋です。
能登は魚も美味しいですが、忘れてはならないのが能登牛、能登豚!
輪島朝市付近でお肉が食べたくなったらこのお店です!
観光客も多く訪れるお店ですが、地元の方々にもとても愛されているお店です。店内には地元の方もいらっしゃいました。

魅力的なメニューの数々

能登といえば、能登牛!
「わら庄」には能登牛の角切りステーキセットや、能登牛ヒレステーキセット(要予約)などの能登牛のメニューが充実しています。
そして、洋食屋といえば、エビフライやハンバーグ、そしてカツレツなどなど、小さい子供から大人までみんなが大好きなメニューが用意されています。
そんなわら庄のおすすめメニューとは!?

わら庄といえばステーキ丼

お店の方に聞いてみたところ、「わら庄ステーキ丼」2420円(税込)がオススメとのことでした。
こちらのお肉は能登牛ではないそうですが、柔らかいお肉がたっぷり楽しめる「わら庄ステーキ丼」は人気NO1のメニューとのこと!
しばらく待つと、肉の焼けるいい香りと、いい音がしてきました。


石焼丼に盛り付けられた「わら庄ステーキ丼」がパチパチと焼けながらやって来ます。
そしてテーブルに運ばれ「わら庄特性のタレ」を女将さんがかけてくれました。
石焼丼の中で焼けてタレが踊る。辺りにバター、にんにく、醤油の香りが立ち、食欲をくすぐります。
「さっと混ぜてお召し上がりください」とおっしゃるので、ざくざくとスプーンで混ぜてアチアチのご飯と一緒にお皿に取って食べてみました。
バターが絡まるご飯に特性のタレがステーキを優しく包みます。
ネギも大事なアクセント、しんなりしてきた千切りキャベツがまた名脇役。
そしてピリッとコショウが効いていて、優勝!人気No1なだけあります。
あっという間にペロリと完食。一瞬で丼が空に。…恐ろしい美味しさ。
大人も子どもも大好きな味です。

のとルネのイチ推し!「ビフカツ」

わら庄名物の「ビフカツ」セット2520円(税込)は薄い衣に包まれたミディアムレアのお肉がたまりません!
ケチャップとマスタードが一緒に出されるのですが、女将さんから「塩で召し上がっても美味しいのよ」と言われたら試さないわけがありません。
さっそく最初の一切れを塩で頂きました。肉の味と合わさってシンプルに旨い。素材の味がひきたっていて塩そのものが美味しい…ラベルを見るとやっぱり能登の塩でした。
次にケチャップとマスタード。
ケチャップの甘さとマスタードの香りはビフカツにピッタリです。
この値段で、旨みたっぷりの良質な赤身のお肉が食べられるのは能登ならでは。
否、わら庄だからこそではないでしょうか。

他にも素敵なメニューの数々

こちらも名物、じっくりと煮込まれた「ビーフシチューセット」(サラダ付き)2520円(税込)
コクがあり深い味わい、お肉がほろりと口の中でほどける美味しさです!
シチューに添えられたお野菜もひとつひとつ丁寧に仕込まれています。

やっぱり朝市の近くでお肉といえば

どのお料理も値段に引けを取らない美味しさです。
ぜひ輪島朝市に訪れることがあったら、肉好きなら一度は食べてみてほしい!
そんなお店です。
決して店内は広いわけではなく、席数も限られておりますがそれ故に高クオリティのお料理を頂くことができるのだと感じました。
グループ向けの2階席やご予算に応じてのコース料理などもなさっているようです。
時間によって人気メニューが売り切れの事もありますので事前に食べたいお料理を電話で予約してから行くのも手だと思います。
お腹いっぱいで満足感もたっぷりの「わら庄」
輪島の朝市にお立ち寄りの際には、ぜひ召し上がってみてください!


「わら庄」施設詳細
住所:〒928-0001 石川県輪島市河井町2-70-5
電話番号:0768-22-1140
営業時間
ランチ:11時〜13時30分 L.O.
ディナー:17時〜18時30分 L.O.
定休日:木曜日
席数:18席 カウンターもあり
駐車場:近隣に2台
支払い方法:現金のみ
※昔、輪島そうめんをわら庄で食べたことがあり、懐かしく思い尋ねましたが、現在は提供されていないそうです。

 


スポンサーリンク
おすすめの記事