pickup
世界で唯一の漆芸専門の美術館「石川県輪島漆芸美術館」【輪島市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

能登が誇る伝統工芸品「輪島塗」

その歴史と文化を学ぶことができる「石川県輪島漆芸美術館」はぜひ訪れてほしいスポットです。

世界で唯一の漆芸専門の美術館「石川県輪島漆芸美術館」

輪島の伝統工芸である輪島塗。この輪島塗の基本が学べるのが石川県輪島漆芸美術館です。

石川県輪島漆芸美術館では、常時全室で漆芸品を展示している、世界で唯一の漆芸専門の美術館です。

世界に誇る優れた漆文化の発信拠点として、1991年(平成3年)に開館された「石川県輪島漆芸美術館」は、漆器の知識がない方でもわかりやすく解説されているので、ゆっくり楽しく学ぶことができます。

外観は正倉院の校倉造をイメージ

落ち着いた外観は正倉院の校倉造をイメージしているそうです。

入口を入ると、吹き抜けの空間が広がっています。売店や体験ができるスペースなども用意されています。

そしてエントランス右側にはチケット売り場があるので、チケットを購入して展示スペースがある2階へ進んでください。

日本を代表する漆器として知られる輪島塗の歴史を学べる展示が多数

2階への階段を昇ると、2階には漆器の政策工程や、漆芸作家の作品を紹介するビデオを鑑賞したり、充実した漆芸・美術関連図書をゆっくり閲覧することができます。

同階では、輪島塗の基礎的な内容から、漆器の製作工程など細かく学ぶことができます。

また、さまざまな展示や企画展なども定期的に開催されています。

石川県輪島漆芸美術館に隣接する「漆の里広場」

ウルシと漆器の木地になる樹木が観賞できる「漆の里広場」は石川県輪島漆芸美術館に隣接しています。

輪島塗の材料となるこれらがどのような形で育つのかなどをまた違った目線で学ぶこともできます。

輪島の伝統文化でもある輪島塗について学べる「石川県輪島漆芸美術館」。気になった方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

美術鑑賞とセットの手作り体験プランもあります。

体験をご希望の方は、公式ホームページをご覧の上、事前にご予約をお願いします。

体験プランは下記①~③から、希望時間は9:00~10:30、13:00~15:30の中からお選びください。

体験された方は、展覧会もご覧いただけます。

 ①沈金スプーン色付け体験(約15分)高校生以上1700円 中学生以下1300円

 ②沈金箸色付け体験(約20分)高校生以上1300円 中学生以下1100円

 ③蒔絵ストラップ体験(約10分)高校生以上700円 中学生以下300円

【「石川県輪島漆芸美術館」詳細】

開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:年末休館 2020年12月29日(火)~31日(木)

その他展示入れ替えによる臨時休館日あり

入館料:【個人】一般 630円 高大学生 320円 小中学生 150円

2020年10月18日には、「いしかわ文化の日」の無料開放が行われる予定です。(感染拡大の状況により変更有)


スポンサーリンク
おすすめの記事