pickup
七尾にある山の寺寺院群の1つ「徳翁寺(とくおうじ)」
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

別名牡丹寺と呼ばれる徳翁寺は、鐘楼のある山門が特徴的な寺院

曹洞宗總持寺派直末 天満山「徳翁寺(とくおうじ)」

徳翁寺は、文亀元年、長氏の一族、長直連(天文年間石塚合戦で戦死)を中興開基とし、僧徳翁が開山したそうです。

鐘楼は移転を繰り返し現在の地へ

徳翁寺は、石動山、千野町、矢田町と移転し、現在地に移ったそうです。

幕末から明治初期の寺子屋の師匠、大野長久等の墓碑が並んでいます。そして参道入口の地蔵尊は眼病に霊験があるといわれています。

しっかり手入れされた寺院内

そして門をくぐるとシッカリと手入れされた本堂があります。

参拝を済ませ後ろを振り返ると、目に止まる場所があります。

山門の上に立派な鐘楼がある

「優しく一つつきましょう」という説明があたったので、ついてみたいと思います。

鐘楼は2階部分にあるためこの階段を登って上にあがります。

すると風情のある鐘があります。静かに一つきしてみました。

とても美しい鐘の音が森の中に響き渡ります。心が洗われるようです。

5月には牡丹が美しい

徳翁寺は、5月になると赤、白、黄色の花を咲かせる牡丹の花が古株を含め60株もあるそうです。

その為、別名牡丹寺とも呼ばれているとのことです。

見どころの多い徳翁寺。ぜひ足を運んでみてくださいね。

【「徳翁寺(とくおうじ)」施設詳細】

住所:石川県七尾市小島町リ18甲1

電話番号:0767-52-2786

拝観料:無料


スポンサーリンク
おすすめの記事