pickup
輪島塗はどのように作られるのかを学べる「輪島塗 しおやす漆器工房」【輪島市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

輪島塗の作業工程を実際に間近で見て学べる貴重な工房です。

石川県輪島市の伝統文化のひとつ「輪島塗」

石川県輪島市で生産されている「輪島塗」。輪島塗は、丈夫でとても美しいものです。

輪島塗が丈夫な理由としては、100を超える工程を経て、大切に大切に作られているからです。

そして何重にも塗られた漆によって、重厚な色合いが作られる輪島塗。その輪島塗の下地が作られた後には、蒔絵や沈金などの加飾が加えられ、さらに美しくなるのです。

輪島塗の工程を実際に間近で見学ができる「輪島塗 しおやす漆器工房」

「輪島塗 しおやす漆器工房」は、輪島の中心部から少し離れた場所にあります。

駐車場は広く、ゆったりとしています。

店内に入ると、美しい輪島塗が並んでいます。

輪島塗が作られる工程を見学できる

「輪島塗 しおやす漆器工房」では約10人ほどの職人の方々が仕事をされています。

工程見学では、実際に作業される職人の方の仕事姿を見学することができます。希望の方には、スタッフの方が説明してくれますよ。

輪島塗は、商品にもよりますが、職人さんが手間暇をかけて作るため、少し値段が高いかと感じるかもしれません。ですが、どのように作られているのか、どのようなものなのか、といったことをしっかり学ぶことができれば、その価値があると納得できるかと思います。

また、購入する際に、どのように輪島塗は出来上がっていくのか、そしてどのようにお手入れをすればよいのかなど、わからいないことをしっかり聞いてから購入できれば購入後大切に使うこともできますよね。

工程見学ですが、数日前に予約してから訪れてください。

工房の休日は、年末年始および毎週土曜日と日曜日です。

またお昼時間として12時半~13時半は職人さんがいらっしゃらないので、この時間以外で予約してみてくださいね。

輪島塗の美しい世界が広がる店内

お椀、重箱、お膳、塗り机等とても立派な美術品のような輪島塗の数々。

大きなものはなかなか手がでない方も、輪島塗のお箸は手軽に購入できます。

このような塗のお箸があるだけでも、食卓が一気に素敵になります。

食事の際に使うことが多いと思われる輪島塗ですが、実はこのようなアクセサリー類も多数あります。

海外のデザイナーの方とコラボした輪島塗の商品も、「輪島塗 しおやす漆器工房」にはたくさんありました。どれも

漆の美しい濃淡が楽しめる作品でした。

輪島塗は手軽に使ってほしい

輪島塗というと、なかなか普段使いできないと考えられますが、1点でも生活の中にあると空間が一気に変わります。

例えばお椀やお箸など、比較的手軽に購入できるようなものからそろえて生活の中に取り入れてみてください。

ただし、輪島塗を使う際には食洗器は絶対に使わないでくださいね。

それ以外は、普通にお味噌汁などに使ったりしても問題ありません。普段の生活にぜひ取り入れてみてください。

「輪島塗 しおやす漆器工房」を訪れれば、一気に輪島塗が身近に感じられるようになると思います。

輪島へ訪れた際には、ぜひ足を運んでみてくださいね。

【「輪島塗 しおやす漆器工房」施設紹介】

輪島塗 しおやす漆器工房

住所:石川県輪島市小伊勢町日隅20番地

電話番号:0768-22-1166

営業時間:午前8時30分~午後5時30分

定休日: 無休


スポンサーリンク
おすすめの記事