pickup
羽咋の特産品お土産の宝庫!神子原米も買える神子原農産物直売所「神子の里」【羽咋市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、グルメ担当とっちです。

石川県の真ん中に位置する羽咋市(はくいし)。そこに、神子原(みこはら)という地区があります。

神の子の原、と書いて神子原。

ここでは、神子原米というお米が作られており、ローマ法王に献上されたことで有名です。

ここにある神子原農産物直売所「神子の里(みこのさと)」では、神子原米はもちろんのこと、神子原で作られた作物が売られています。

その種類はとても豊富です!

神子原を通る一本道沿いにあり、駐車場も広くとってあります。

建物の外から入ることのできるトイレがありますので、ドライブの休憩所として最適です。

中に入ってみますと、、、すごくたくさんの商品が並んでいます。

ローマ法王に献上した神子原米

まずは、神子原米です。

ローマ法王に献上されたお米です。

神子原の棚田で育てられたお米で、美味しいと評判です。

一般的なお米よりも小粒なのが特徴だそうです。

それは自然の姿であり、生命力を携えているそうです。

品質はしっかりと管理されており、精米から10日以内を販売期限としています。

こちらで購入することができますので、まずはお土産の第一候補ではないでしょうか。

お米とお酒を組み合わせたり、特産品とのセットもあり贈り物用として多くの種類があります。

旬の野菜が並ぶ神子の里

次に目を惹いたのは、山菜です。直売所らしい、旬で新鮮な販売ですね!

都会では珍しい上に高価で中々口に入らない山菜です。

伺ったのは4月でしたので、並んでいた山菜はコゴミ、コシアブラ、葉わさび、マタタビ、タラノメなどなど。朝採れたものだそうです。

こんなに大きなタケノコも!

それがこちらでは比較的安価で購入することができますよ。

他にも旬の野菜が並びます。

農家直売ですので、新鮮です。

羽咋方面の特産品が並ぶ神子の里

数えきれないほどの特産品が並びます。

↑写真の「宝達葛」ほうだつくず、と読みます。

昔からとっても上質の葛だと言われ根強い人気があります。パッケージも昔から変わらず、かえって素敵です。

子供の頃、風邪をひいた際に必ず食べた、という方の話は多く聞きます。

神子茶、そば茶、はとむぎ茶が並びます。

この車麩の積み上げ方!たくさん、すごい!

神子原米純米酒「神子ーSon of God」

こちらは自宅用に、お土産用に、と人気のお酒です。

能登ヒバグッズがたくさん並んでいましたよ。

能登ヒバとは、石川県の能登地方でアテという木で、殺菌効果、防腐効果があります。消臭効果もあり、この時世に人気のあるグッズです。

是非、見てみてくださいね。

冷蔵コーナーではあの人気商品が!

神子の里では、冷蔵・冷凍商品があります。

こちらの地域では美味しいと太鼓判をおされて有名な中村とうふ店さん。

がんもどきや油揚げなどの食品がありますよ。

「能登がんも」ってご存じですか?

厚揚げの様な中に野菜などの具がたくさん入っています。能登では定番なのですが、県外の方はめずらしい食品の用です。

こちらは、羽咋の千里浜で大人気の「いかだんご」!

このいかだんごは、是非食べていただきたいですね♪

糠にしん。

ぬかにしん、ではありません。「こんかにしん」と読みます。

こんか、というのはこちらの地方特有の呼び方かもしれません。

こちらの地方では、魚を糠に漬けて保存します。

糠に漬けるのはイワシ、サバが主流ですが、ニシンというのは能登に住んでいる私でも初めてみました。

食べる時は魚の周りについている糠を落として焼きます。ご飯のおともに最適ですよ。

ちょっと変わった冷凍食品も売られていました。フローズン焼き芋、冷凍みかんもありましたよ。

冷凍みかん、旅の途中で何気に嬉しいお品です。

民芸品コーナー

食品の他にも能登の工芸品や民芸品も並びます。

黒い器が象徴的な珠洲焼があります。

見ていて選ぶのに時間がかかりそうな石の蒔絵。

そしてこちらは神子の里の店員遠藤さんによる手作りアクセサリー。

他にも地元の高齢者さんたちが作る布製品もあり、地域の方のやりがい、いきがいにつながる販売となっています。

地域に貢献している神子の里さんです。

その場で食べることができるお惣菜

神古の里さんにはなんとお惣菜コーナーもあるんですよ。

昼食や夕食の1品になりそうなものばかり。

しかも神子原の新鮮な特産品で作られたものばかりです。

この日は山菜がたくさんならんでいたので、お惣菜も山菜の天ぷらがありました。

贅沢なおかずになりますね。

みこから。

気になりますね。神子の塩麹で味付けされたから揚げです。

程よいにんにく、旨味たっぷり。食べてみたくなりますね~!

神子の里のイートインスペース

これだけ魅力的な品物が並ぶと、その場で食べたくなりますよね。

そんな方々のために、神子の里にはイートインスペースがあります。

可愛い設えの飲食スペースです。

カウンター席もありますよ。気軽に寄れそうですね。

自由に飲むことができるお茶もありますよ。

販売もしている神子茶です。お味見かねて一服できます♪

カフェもできますよ。

神子の里名物ソフトクリーム

こちらは大人気の神子の里で大人気の「みこはらソフト」。

なんと神子原米を練りこんであり、もっちりしたソフトクリームです!

自家製のあずきがトッピングされたものを選びましたよ。

みこはら名物とされているだけあって、とっても美味しいもっちりソフトクリームでした♪

こちらは売り切れ必須のよもぎまんじゅうです。

炙って食べることができる!餡子が甘すぎず、何個でも食べることができる!と思っちゃいました。

神子の里に、北海道コーナー

神子の里に働く遠藤真紀子さんは、なんと夫婦で北海道から移住してきました。

「現代の北前船になりたい」という志をもっていらっしゃいます。

ゴールデンウィークには同じ羽咋市内にある「いい道の駅のと千里浜」で北海道グルメとして出店してました♪

素敵な笑顔の遠藤夫妻。北海道グルメブースは観光客にとっても人気がありましたよ!

(私も美味しいグルメをいただいてきました♪出来立てのホタテ飯はホタテが大きくてほくほく!)

その遠藤さんの縁で、神子の里に北海道物産コーナーを設けています。

ここで北海道の味覚を手にすることができるなんて意外でした。

遠藤さんの素敵なご縁がつながっている神子の里さんですね。

この日、神子の里でたくさん購入してしまいました。

旬の野菜、ハトムギ茶、お菓子、いかだんご、などなど・・・

何気に袋も神子原のデザインでかわいいですね。

羽咋市には「いい道の駅や千里浜」や「千里浜レストハウスなど大きなお土産処はありますが、

こちらの神子の里のお土産もオススメいたします♪

【神子の里 詳細】

石川県羽咋市神子原町は190番地

0767-26-3580

営業時間:9時~17時

基本的に無休ですが、不定休もあります。

地方発送可能

支払い方法:各種可能

 

 


スポンサーリンク
おすすめの記事