pickup
「釣り道具製作ハッサク工房」の手作りルアーで釣りを120%楽しむ!【宝達志水町】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

能登はぐるりと海に囲まれた地です。

当然ながら釣り人口も多く、“ルアー”にこだわる方も少なくありません!

釣りといえば?

釣りと聞いて思い浮かぶもの。
いろいろありますが、すぐに挙がるものに“ルアー”があると思います。
まじまじと見たことはなくても、なんとなくは知っている人が多いもの。
そのルアーを手作りで製作されている工房が宝達志水町にあるのです!

どうして作ろうと思ったの?

ハッサク工房の市村さん、初めての釣りはなんと4歳だったそうです。
同年代の子供たちがTVゲームに夢中になる中、市村さんは釣りやプラモデル作りなどにはまっていたそうで、中学生の時は釣り雑誌にも掲載されました。
今でもその雑誌は大切に保管されています。


そして、プラモデル作りなどの物作りも好きだったので、すぐに、ルアーも作ってみよう!となったそうです。
当時作ったルアーも大切に保管されていました。

年季の入ったルアーがたくさんつまった工具箱はまるで宝箱のようです。
中学高校の時から、大阪までパーツを買いに行くほどの行動派。
親御さんもずっと市村さんの楽しそうな姿を応援してくれ、進路も大阪の芸術系大学へ進学したと。
趣味と実益を兼ね関西のルアー工房でバイトをしたり、工場見学(趣味)に木材や金属の加工工場を訪ねたり、どっぷりと釣りにはまって過ごしてきました。

まず挑戦

「上手い下手ではなく、まず挑戦してみることだと思ってます」とおっしゃる市村さん。
その気持ちの通り、ずっといろいろなことに挑戦されてきています。


例えばルアーに使う塗料なども、考えられる条件で何通りも試して自分が使いたい状態に合うものを探すそうです。
緻密な努力や工夫の積み重ねをきちんと自分の作品に活かして少しずつ改良してよりよい物を生み出しています。

釣り人の特権をすべて楽しむ♪

釣りの特権といえば、釣る、食べる。
そして更にハッサク工房さんでは作るということまで楽しめます。
以前職場体験を受け入れた際、SNSの投稿をルアー作り体験と勘違いされた方からの問い合わせから、ルアー作り体験も始め、この夏も何件も体験に来られる方があったそうです。
よっぽどのことがない限り自分に応えることが出来るなら断らない!という市村さんの姿勢は、優しそうな見かけからは想像できない芯の強さを感じます。

次のステップも

これまではチームというものに苦手意識があり、単身で活動されていました。しかしそろそろ次のステップとして作る仲間も…?と考えているそうです。
作ること以外にも納品やルアー作り体験など、一人ではすべてをこなすのが大変になってきた今、求められるものに応えるためのステップアップを考えています。

常に挑戦の気持ちを持ち続けるという姿勢からこれから更にどういう進化を遂げるのか目が離せません!

ルアー製作の他に修理、オーダーメイドもされていますよ。

商品はハッサク工房HP内の取扱店一覧よりご覧いただけます。
また、ハッサク工房近郊ですと千里浜レストハウス1階などでもご購入いただけます^^

【釣り道具のハッサク工房 詳細】
住所 羽咋郡宝達志水町上田エ26-1
電話 080-3040-4536
営業時間 平日10時~18時 ※外出している時がありますのでお問い合わせいただけると確実です。


スポンサーリンク
おすすめの記事