pickup
美味しいパンを求めて足を運びたくなるパン屋さん「古川商店」【珠洲市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー グルメ担当とっちです!
ご家族で美味しいパンを作っている「古川商店」さんをご紹介します。

 

能登半島のはしっこ珠洲市で大人気のパン屋さん

伺った日も、開店前からすでに行列ができていました。
パン工場を昭和35年から始め、なんと創業60年という歴史があります。創業当時はたくさんの従業員さんがいてパンを製造されたいたそうです。
現在は、ご家族3人で、子どもからお年寄りまでみんなが美味しいと思ってもらえるパンを製作されています。

パンがとても美味しいのは

パンが美味しいのは、季節に合わせて使う素材、時代の流れなどをいつも感じながら、折々にあわせて少しずつ微調整をし、その時に一番美味しい状態のパンを作れるようにと日々考えて製作されているそうです。そして、できるだけ地元・能登の食材を使ってパンを作っていいます。
古川商店さんのパンは、もちもちとしてしっとり柔らか。私はとりこになってしまいました。
人気商品の一つがクロワッサンです。
◆『チョコクロ』 1個90円

伺った日、お店に並んでいたらラッキーだというチョコクロを買いました。
チョコとクロワッサン生地が絶妙なバランスで美味しかったです。
「プチクロ」という量り売りの小さなクロワッサンもありました。
◆能登の塩をつかった塩パン『シオクロ』 1個90円

シオクロは、見た目はクロワッサンのように巻いています。
もっちとして能登の塩がほのかに甘く、とても美味しかったです。

大人気!冷やしクリームパン

古川商店さんの人気商品の一つは、冷やしクリームパンです。
全部で11種類!
通年の商品から、季節ごとの商品があります。
伺った日には、「能登のミルククリーム」「すずしおの黒ゴマホイップクリーム」「能登のいちごクリーム」「能登のブルーベリークリーム」がならんでいました。

冷蔵されいるのですが、パンの生地が固くならず柔らかいです。ふわふわの冷たいクリームとパンの生地がベストマッチでとても美味しいです。人気なのがよくわかります。

古川商店の焼き菓子

能登の食材である珠洲の塩、大浜大豆のきな粉など使った手作りの焼き菓子を販売されています。ラッピングにも可愛いイラストが描かれています。
私は、珠洲塩のクッキーを買いました。

店内のポップには「口どけがよくほろほろ食感のゴマクッキーです」と書かれいて、食べてみたらまさにその通り。そして珠洲塩の甘みとしょっぱさがクッキーを引き立たせていると思います。

店内のかわいいポップ!

値札や棚に書かれたかわいいイラストは、奥様の真美さんが手がけていらっしゃいます。
商品に描かれたイラストは、商品一つ一つの良さを上手く表現されているなぁと感じました。また、そのイラストたちを見ていると真美さんの明るく優しいお人柄が滲み出ていると感じました。

色々なところから古川商店さんのパンを買いに来られます

どんな方がパンを買いに来られますかと奥様にお尋ねしました。
地元の方はもちろんのこと珠洲の隣の輪島市や少し離れた中能登町など能登地区の方、そして県外の方々が来られるとのことです。
県外の方は、冷やしクリームパンをよく買って行かれるそうです。
最近では、能登地区周辺の方は、お友達への手土産としてパンを買って行かれるそうです。
古川商店さんのパンを手土産で頂けたらとても嬉しいと思います。

お店をお尋ねした日、小さなお子さんが目を輝かせてママと一緒にパンを楽しそうに選んでいる姿も見られました。
最後に、お店を出る時、ご主人の心のこもった「ありがとうございました」の言葉と奥様の朗らかで優しい「ありがとうございました」の言葉に心が温かくなりました。
とても素敵はご夫婦なんだと感じ、何度でも伺いたくなりました。

隅々まで愛おしくてかわいい古川商店さんです。

【古川商店 店舗情報】
住所:珠洲市飯田町よ部8-1
電話:0768-82-0231
営業時間:11時~18時(完売しだい閉店)
定休日:日曜日・月曜日 火曜日不定休あり
駐車場:5台


スポンサーリンク
おすすめの記事