pickup
世界農業遺産「能登の里山里海」の代表的な棚田として有名な「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」【輪島】
スポンサーリンク

 

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです。

日本で初めて世界農業遺産に認定された「白米千枚田」ご紹介させていただきます。

奥能登を代表する観光スポット「白米千枚田」

石川県輪島市白米町にある「白米千枚田」。

日本の棚田百選に認定、国指定文化財名勝にも指定されており、奥能登を代表する観光スポットとして有名になっています。

「白米千枚田」は日本の原風景と呼ばれ、2011年6月、日本で初めて世界農業遺産に認定されました。

日本海の海岸まで続く棚田。

全国に棚田は多くありますが、海に向かって広がる棚田は珍しいそうです。

美しい日本海を背景に、幾重にも重なり広がる棚田はまさに絶景です。

2006年5月、小泉純一郎元首相がこの地を訪れ「絶景だよ、絶景」と称賛され話題にもなりました。

季節や時間によって変化する美しい「白米千枚田」

「白米千枚田」は訪れる時間帯や季節によって、全く別の景色を楽しむことができます。

春夏秋冬、それぞれの季節で棚田の美しさは変化し、訪れる人を魅了します。

春、田植えの時期には水田に水が張られ太陽の光が反射してキラキラ輝く棚田。

夏、青々と成長した緑色の稲に、どこまでも続く美しい青空と海。

秋、収穫間近の稲穂が黄金色となり頭を垂れてゆらゆらと揺れています。

冬、うっすらと雪が積もり雪化粧した棚田はまさに美しい冬の景色です。

時間に余裕のある方は、『早朝の白米千枚田』『夕方の白米千枚田』をぜひ訪れてください。

『早朝の白米千枚田』の魅力は、夜が明け始めるころ東雲色に染まる空と海に包まれた棚田。

『夕方の白米千枚田』の魅力は、夕暮れ時、黄金色に輝く夕日と日本海。棚田に延びるゴールデンロードが言葉にならないほど美しい光景です。

「白米千枚田」は写真愛好家からも人気の撮影スポットでもあります。

ぜひ、ご自身の目で美しい光景を眺めに行ってみてはいかがでしょうか。

ご注意としては、日本海に面しているため秋・冬はとても寒く、冷たく強い海風が肌に突き刺さりますので、この時期に「白米千枚田」に行かれる方は、暖かい服装でお出かけくださいね。

季節や時間によって様々な表情を見せてくれる美しい「白米千枚田」、何度も足を運びたくなる場所ですよ。

日本で初めて世界農業遺産に認定された「白米千枚田」

「白米千枚田」は昔ながらの農法が現在も行われており、日本古来の『苗代田(なわしろだ)』を復活させたそうです。

『苗代田』とは実際に種籾(たねもみ)から苗を育成し稲作を行う方法を行なっています。

まして「白米千枚田」は小さな田んぼが、全部で1004枚あり、一つ一つが小さな田んぼのため耕運機などの機械を入れることができません。

田おこし、苗代、田植え、稲刈り等々…全ての稲作の工程を昔ながらの手作業で行わなければなりません。

言葉で言うのは簡単ですが、稲作はなかなか大変な作業なんです。

《世界農業遺産(Globally Important Agricultural Heritage Systems(GIAHS):ジアス)》とは?

2002年(平成14年)、食料の安定確保を目指す国際組織「国際連合食糧農業機関」(FAO、本部:イタリア・ローマ)によって開始されたプロジェクトです。

近代化の中で失われつつあるその土地の環境を生かした伝統的な農業・農法、生物多様性が守られた土地利用、農村文化・農村景観などを「地域システム」として一体的に維持保全し、次世代へ継承していくことを目的としています。

大人気の「白米千枚田」オーナー制度

『白米千枚田オーナー制度』は平成19年に白米千枚田の景観を守るためにスタートしました。

稲作体験を通じて先人の苦労、生産の喜び、米一粒の大切さを理解していただくこと、地元農家の方との交流を大切にすることを目的として始められたそうです。

作業に参加できない場合でも、田んぼの耕作は地元の管理団体が行いますので安心です。

特典の収穫米に限りがあるため先着200組限定となっているのですが、大人気のため毎年すぐに定員に達してしまうそうです。

■オーナー会

・年会費:2万円(マイ田んぼ1枚を含む)

・会員特典:収穫米10kg+地元特産品等、マイ田んぼにオーナー名の表柱建立

■トラスト会員
・年会費:1万円
※マイ田んぼは持つことはできませんが、稲作作業のお手伝いをしてくださる方。
・会員特典:収穫米5kg+地元特産品等
■企業会員

・年会費:5万円(マイ田んぼ1枚を含む)

・年会費:会員特典 収穫米20kg+地元特産品等、マイ田んぼに企業名の表柱建立、千枚田イベントにノボリ設置

 

■特別名誉会員:一部

小泉進次郎氏(政治家)

さいとう・たかを 氏(漫画家) ちばてつや 氏(漫画家) 

永井豪氏(漫画家) 水木一郎 氏(歌手) 山﨑賢人氏(俳優)

小泉純一郎元首相(政治家)や土屋太鳳氏(女優)も以前、特別名誉会員だったようですよ。

「白米千枚田」へのアクセス方法は?

「白米千枚田」に行くには…

徒歩では難しい場所にあるので、タクシーやマイカー、路線バス、定期観光バス等をご利用ください。

駐車場は無料です。

秋冬限定ライトアップイベント「あぜのきらめき」開催

大人気のイベントです♪

日没から4時間点灯する美しいライトアップイベントが秋から冬にかけて開催されます。

■「あぜのきらめき」についての情報はこちらをご覧ください。

 

日本が誇る世界農業遺産「能登の里山里海」を代表的する「白米千枚田」。

遊歩道も整備されていますよ♪

輪島へ遊びに来られた際には、ぜひ足を運んでみてくださいね。

道の駅千枚田のレストハウス

白米千枚田に隣接するポケットパークです。

こちらに駐車していただけます。

軽食を楽しみながら、絶景をゆっくり眺めていただくこともできます。

棚田米おにぎり、輪島のソウルフードのかかし、千枚田コロッケや、あたたかいうどん、そば、ソフトクリームなどいろいろありますので、ぜひお立ち寄りください。

くれぐれも暖かい格好でいらっしゃることをお忘れなく!

道の駅 千枚田 ポケットパーク詳細】

駐車場 大型バス5台 自家用車51台(内障がい者用2台・EV普通充電器1台)

住所 石川県輪島市白米町ハ99−5

連絡先 0768-34-1004

【「白米千枚田」の施設詳細】

問い合わせ先:輪島市交流政策部観光課

住所: 石川県輪島市二ツ屋町2字29番地

連絡先:0768-23-1146


スポンサーリンク
おすすめの記事