pickup
白米千枚田を彩るイルミネーション「あぜのきらめき」2020【輪島 千枚田】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

毎年人気のイルミネーションイベント「あぜのきらめき」が今年も開催されています!

 

「あぜのきらめき」とは?

通常「千枚田」と呼ばれる輪島の観光スポット「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」の人気イベントで「あぜのきらめき」は、

毎年秋から冬にかけて訪れる人々の目を楽しませています。

日中展望台から見る風景もとてもきれいですが、この時期は日が沈む頃から25000個のLEDが、棚田を美しく彩ります。

晴れた日は満天の星空とのコラボが楽しめますし、はらはらと降る雪との取り合わせも素敵です。

LEDがピンク→グリーン→ゴールド→ブルーへと15分ごとにゆっくりに変わりながら灯り、美しい風景が広がります。

「あぜのきらめき」の開催時期

「あぜのきらめき」は秋、冬限定のイベントです。

今年の開催は、令和2年10月17日~令和3年3月14日(日)までの149日間となっています。秋、冬の夜のイベントの為、とても寒いです。ゆっくり見ていただくためにも、防寒対策をしっかりされて向かわれることをオススメします。

「あぜのきらめき」の点灯時間

日没から4時間点灯します。

雨、雪に関わらず、自動で点灯します。

使用するLED装置は通称「ペットボタル」と呼ばれており、昼間、太陽光エネルギーで充電、

暗くなると自動で発光する仕組みになっているそうです。

そのため、天候や日没時間によって点灯時間が変わるそうです。

ちなみに11月18日に点灯時間は17時9分頃となっています。

見ごろは19時前後だそうです。

「あぜのきらめき」へのアクセス

穴水より奥へは電車は通っていませんので、会場へのアクセスは主に車になります。

自家用車、レンタカーなどで行かれる場合、「あぜのきらめき」は道が込み合いますので、余裕をもって向かわれることをオススメいたします。

自家用車がない場合は、バスが便利です。「あぜのきらめき」開催期間はワンコインバスも運行されているようです。

輪島駅前ー白米千枚田間、通常、往復大人960円(小人480円)のところ、ワンコインバスは往復大人500円(小人250円)に割引されます。

★割引チケットは輪島駅観光案内センター、市内宿泊施設、または、バス車内でも購入できます。

「輪島ふぐ」ペア食事券プレゼント

あぜのきらめきワンコインバスご利用の方の中から、抽選で毎月2組に輪島ふぐのペア食事券が当たります!

バス乗車券の半券を大切に保管の上、白米千枚田公式ページで当選番号、引換方法などをご確認ください。

道の駅千枚田のレストハウス

レストハウスの通常営業は8:30~17:00ですが、畦のきらめき開催期間中は20:00まで営業します。

ラストオーダーは閉店30分前となります。

棚田米おにぎりや、輪島のソウルフードのかかし、千枚田コロッケや、あたたかいうどん、そば、ソフトクリームなどいろいろありますので、風景とともにお食事も楽しんでみてはいかがでしょうか?

くれぐれも暖かい格好でいらっしゃることをお忘れなく!

道の駅 千枚田 ポケットパーク詳細】

駐車場 大型バス5台 自家用車51台

住所 石川県輪島市白米町ハ99−5

連絡先 0768-34-1004

 

 

 


スポンサーリンク
おすすめの記事