pickup
童心にかえって遊び、子供の頃の探求心を思い出させる奥能登の里山「ケロンの小さな村」【鳳珠郡能登町】
スポンサーリンク
 
のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!
奥能登の自然体験の村・ケロンの小さな村で童心にかえって遊んだ一日をご紹介します!

能登空港から車で10分「ケロンの小さな村」ってどんなところ?

能登空港(のと里山空港)からさらに奥能登へ車を走らせて10分程度。
ケロンの小さな村の入口があります。周りは普通の里山里海。ケロンってどんな村・・・?

「ごゆっくりと・・」の看板文字。このあと、本当に「ごゆっくり」じゃないと過ごせないことを思い知ります。。

すべて手作りの遊具。子供たちが歓声をあげて駆け、上っては下ってはぶらさがっては廻ってはしています。

これ!有名なアニメで見て一度はしたいと思う水の手押しポンプ!

川の水を汲み上げています。上から少し水を入れないと汲み上げられないことを子供たちは体験をもって知ります。

崖っぷちの木に作られた崖っぷちのブランコ。

別の意味で見ているだけで涼しくなるブランコです。子供たちはこういう危険なところが大好きなんだなぁとつくづく思います。

植物の観察もできる学べる遊び場。

遊具だけではなく、広い敷地内は散策できるようになっています。

村長さんの手造りであるツリーハウス!

子供ならず大人も憧れるツリーハウスではないでしょうか。

 中は自然に関係する本がたくさんあり、本当の自然を目の前にして実際を学ぶことができます。

広大な景色のブランコ。

こんな隙間な崖っぷちにも子供心をくすぐる遊具が。

ケロン村では稲の栽培もおこなっているそうです。訪れた頃はちょうど収穫の時期。

 

子供、とくに男児を虜にする小川。

男児には小川と石があれば延々と遊んでいられるのではないかと思うくらい、小川滞在率が高かったです。

子供を見つめるまなざし、語り掛ける優しい言葉。

村長である上乗(じょうのり)さん。

未来を担う子供たちの健やかな成長を願ってやまない気持ちがあふれています。

子供たちから質問攻めにあっています。

自家製の石窯で焼いた、こんがり薫るケロン村のパンたち。

び倒す子供たちと大人。おなかがすかないわけがない。お昼には売り切れることもあります。

今回は掲載していませんが有料でピザ焼き体験もあります。ピザに具をトッピングする簡単な体験なので手軽に参加できます。

トッピング材料のハーブもケロン村で栽培されたものです。

子どもは、スリルがあるほど面白がる!!
崖っぷちの木のブランコ、崖っぷちのシーソー、柵のない川縁、、、川の上のブランコ、落ちたらドボン!!子どもたちの危機管理能力が養われます!
私たちは見守って、できるだけ口を出さずに。
でも時々 ギャ! と声がでてしまう・・・
どんな遊び場が子どもたちのハートを鷲掴むかがよくわかりました。

そして大人である私たちもそんなハートをまだ密かに持っているのです。子供と一緒にもよし、大人だからこそ遊びにきてもよし。

「ごゆっくり」過ごしたくなる、そんな村でした。

 

ケロンの小さな村  
住所 石川県鳳珠郡能登町中斉た部26
連絡先 076-862-1471
定休日 11月~3月は休業します。
営業時間

10時~17時

通常、営業は土・日のみ。

入村料

無料

別途有料 ピザ焼き体験・1人900円  
     工作体験・1人1,000円~ 

facebook https://www.facebook.com/keronmura

map

 

 


スポンサーリンク
おすすめの記事