pickup
冬季限定!のと里山里海号に乗って穴水駅ホーム『あつあつ亭』で牡蠣を食べよう!【穴水町】
スポンサーリンク

※2020年3月1日現在、3/1をもって今季の営業は終了となりました。
今の社会情勢をふまえ、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から営業期間の短縮をするとのこと。

のとルネアンバサダー観光担当のっち、グルメ担当とっち、イベント担当るっちです!

のと鉄道穴水駅で、冬季限定の牡蠣炭火焼き店『あつあつ亭』を営業しているというので、3人そろってのと里山里海豪に乗って行ってきました!

観光列車『のと里山里海号』

キレイなブルーの観光列車の中は、田鶴浜建具や輪島塗が飾られた落ち着いた空間で、ゆっくり窓の外を眺めながら、能登の里山里海の原風景を楽しめました。

待合室も列車!!

穴水駅に到着!食事の用意ができるまで、こちらの列車の中で待ちます。

レトロで、昔懐かしい列車の中には、1杯100円でコーヒーが用意されていました。

こちらから2階のホームに上がります。

ホームには、特設の焼き牡蠣会場ができていました。

のと鉄利用で、あつあつセットがお得!

あつあつセットを頼みましたが、メニューが意外にたくさんあってびっくり。

あつあつセット内容は、焼き牡蠣6個、牡蠣フライ、牡蠣ごはん、みそ汁、漬物です。1900円なり。

のと鉄道を利用すると、焼き牡蠣2個サービスでした!!

目の前で牡蠣を焼きつつ、他のお客様との会話も楽しむことができました。炭火焼きで、すごく美味しかったです。

牡蠣フライも牡蠣ごはんも美味しくて、おなか一杯になりました。大満足です。

遠藤関の地元!

帰りの電車まで時間があったので、駅の売店でお土産を買ったり、駅の向かいの『穴水町さわやか交流館 プルート館』を見てきました。流石、大相撲の遠藤関の出身地です。

遠藤関の展示がありました。

こちらの施設は、また改めてレポートしたいと思います。

電車に乗って、能登の濃厚な牡蠣を食べる大人の遠足はいかがですか?今年の営業は、3月15日までなので、ご予約はお早めに。

【営業期間】 2020111日(土)~315(日)の土・日・祝日

※2020年3月1日現在、3/1をもって今季の営業は終了となりました。
今の社会情勢をふまえ、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から営業期間の短縮をするとのこと。

【営業時間】 10:3015:00(ラストオーダー14:30

【営業場所】 のと鉄道穴水駅

【メニュー】

あつあつセット(焼き牡蠣6個、牡蠣フライ、牡蠣ごはん、味噌汁、漬物)  1,900

のと鉄道の列車利用のお客様で、あつあつセットをご注文のお客様には、焼き牡蠣2個サービス!

その他牡蠣料理(牡蠣釜めし、牡蠣酒蒸しなど)

アルコール類(生ビール、地酒、能登ワイン各種)

ドリンク類(ノンアルコールビール、ウーロン茶、ジュース)

お食事時間は、1時間までです。

混雑時は店舗にて受付を済ませ、待合室にてお待ちください。

材料がなくなり次第営業を終了。

【予約について】

観光列車「のと里山里海号」の予約時に、「あつあつ亭」の予約もできます。

予約開始日:ご利用日の1か月前より

予約条件:当日の「のと里山里海号」の指定便(1号、3号、4号)をご利用の方

1号をご利用の方(9:58/食事10:30-11:30

3号をご利用の方(13:27/食事14:00-15:00

4号をご利用の方(14:30/食事12:50-13:50

予約席には限りがあります。

予約は以下電話にてのみ受け付けます。観光列車予約サイトでは、あつあつ亭の予約はできませんのでご注意ください。

予約・お問合せ:のと鉄道観光列車予約センター

0768-52-230010:0017:00

お問合せ:のと鉄道旅行センター

0768-52-09009:0018:00

 


スポンサーリンク
おすすめの記事