pickup
アニメ「花咲くいろは」の舞台のと鉄道「西岸駅」【七尾市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

見るもノスタルジック且つ全国的に注目度の高い西岸駅をご紹介します。

 

 

90年近い歴史を持つ駅舎

西岸駅は、石川県七尾市中島町外にある「のと鉄道」七尾線の駅です。

かつては西岸駅は1932年に旧国鉄の駅として開業されました。1991年にJR七尾線の和倉温泉より以北の奥能登の線がのと鉄道に転換された際に、のと鉄道の駅となりました。

テレビアニメ「花咲くいろは」に登場する「湯乃鷺駅」のモデル

2011年4月から放送されたテレビアニメ『花咲くいろは』に登場する「湯乃鷺駅」のモデルとなったことから、作品のファンが数多く訪れます。

風景の中に突然目立つ「花咲くいろは」のラッピング列車!

駅を見学しているとちょうど列車が入ってきました。列車は1両編成で「花咲くいろは」のラッピング列車でした!

能登の風景を華やかに駆ける少女たちです。

作品に登場する「湯乃鷺駅」の駅名標がありました!

実際の駅名標は「西岸」、隣駅名は下り「能登鹿島」上り「能登中島」です。

西岸駅は完全無人駅

古い建物が好きな方は、駅舎を見るだけでも楽しめるのではないでしょうか。

完全無人駅ですので駅構内にも入って見学することができます。

駅愛称名は「小牧風駅」

ここ西岸駅で下車すると目の前は七尾北湾が一望でき、小牧台(おまきだい)という地名の高台があります。小牧台で風を感じることができる、愛称名そのものの地です。

西岸駅からは、下記の施設が近場にあると案内されています。

明治の館(0.3km)

国民宿舎小牧台(1.0km)

中島町オートキャンプ場(3.4km)

別所岳山頂(10.5km)

西岸駅近くには、魅力的なカフェやワイン食堂もありますよ。

 

果てしなく続くような線路

どこか懐かしさを感じます。

ホームから駅舎を見たところです。

駅舎の柱にかかっていたもの。「雪」とは?この土地は積雪が多いのでその設備のものでしょうか。

窓の造り、木製のベンチ、柱の梁、古い建物が好きな方にはとても居心地の良い場所ではないでしょうか。

このベンチに座って、西岸の風景を見ながら列車をゆっくり待つのですね。

待合室には「花咲くいろは」ファンのためのブースがあります。

交換ノートが設置されています。ファンの方の熱い思いや、西岸を訪れた感想も書かれていました。

時刻表にも鉄道むすめである「和倉ななお」さんというキャラクターがかわいらしく案内しています。

和倉ななおさんが着ている制服は能登鉄道運転士の制服なのです。

のと鉄道七尾線 西岸駅

駅愛称名 小牧風駅

住所 七尾市中島町外

★ほかにも、のと鉄道には魅力的な駅があります。是非ご覧ください。

 


スポンサーリンク
おすすめの記事