pickup
「世界のサステナブル観光地トップ100」に七尾市および中能登町が選ばれました
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー観光担当のっちです。

観光地を紹介する国際的な認証団体が企画するイベントで、

七尾市および中能登町が選ばれたのでご紹介します。

「世界のサステナブル観光地トップ100」とは

持続可能な観光地の国際的な認証団体「グリーン・デスティネーションズ(Green Destinations)」は、

2021年10月5日(現地時間)に開催された「グローバル・グリーン・デスティネーション・ディズ」のイベントで、

2021年の「トップ100選」を発表しました。

そのトップ100選に、能登の七尾市および中能登町が選ばれました!

「グリーン・デスティネーションズ」は、世界持続可能観光協議会(GSYC)が開発した持続可能な観光の国際指標の国際認定団体の1つです。

サステナブル・デスティネーションとして100項目に対する取り組みへのレポートを観光地が提出し、それをもとに選定されたそうです。

七尾市および中能登町が選ばれたポイント

今回の審査にあたりアピールしたのは「食品廃棄物の削減と有効活用」というタイトルでの観光業に起因する食品廃棄物を堆肥化する取り組みや、旅館のメニューを絞り無駄をなくす取り組みなどのようです。

トップ100選の選定は、今年で7年目。

主催者は、より持続可能な観光産業に向けて前進している世界各地の観光地にスポットライトを当てたそうです。

皆さんは、「SDGs」というワードをよく耳にするようになったと思います。

これは持続可能な開発目標のことで、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

その一環として七尾市および中能登町が食品ロスの問題を取り上げて活動していることが認められたようです。

私も七尾市や中能登町、広くは能登全体を見ても能登食材を主として使った食品や料理を手掛けているお店や企業が増えてきていると感じています。

これもその地域のものを捨てることなく充分に活用されていることに感動しています。

日本で入選した地域は12市・地域

世界のトップ100選のうち、日本で選ばれたのは今までで最多の12市・地域。

その中に能登が入るなんて、すごいことじゃありませんか?!

七尾市および中能登町、京都市、釜石市、ニセコ町、奄美大島、阿蘇市、長良川流域、那須塩原市、佐渡市、小豆島町、豊岡市、与論島です。

トップ100に選ばれると

「GOOD TRAVEL GUIDED」(グッド旅行ガイド)という、持続可能な未来のためになる取り組みを行っている旅行先を紹介しているサイトに掲載されるそうです。
このような国際的な情報機関で、七尾市および中能登町を取り上げてもらう事は、実に光栄なことであり、世界各国から訪れてもらえることを期待しています。

 


スポンサーリンク
おすすめの記事