pickup
崎山半島にある「法広寺のイチョウ」【七尾市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです。

11月も終わりに近づいた頃、七尾市鵜浦町を車で走っていたところ、

輝かんばかりの金色の銀杏が見えました!

通りすがりでしたが、思わず達立ち寄ってしまいました。

七尾市 崎山半島

七尾市の端っこ、といいますか、地図右先端に位置する崎山半島。

七尾市鵜浦町(うのうらまち)というところです。

その町の中を走っていると、目を惹く大きなイチョウの木が見えました。

そこは、真宗大谷派 法広寺(ほうこうじ)さんでした。

寺の前に、門のように立つ二本のイチョウの木。

そのイチョウが見事な金色となっています!

樹齢どのくらいなのでしょうか。

あまりに背が高くて写真におさまりきれませんでした。

とにかく葉と葉がせめぎあうようにしているので、輝く金色一色!

この日は2022年11月22日。

イチョウの葉がヒラヒラと舞い落ちていました。

地面もこのように一面イチョウの絨毯のようです。

綺麗な秋晴れの日でしたので、イチョウの木の影もしっかり出ています。

ただただ、美しさに感動しました!

法広寺さんの鐘楼堂とイチョウです。

こちら法広寺さんでは以前年末に除夜の鐘イベントがあったこともありました。

今回はイチョウの美しさに魅せられ、ふらっと立ち寄ってしまいました。

また、お参りに伺いたいと思います。

【法広寺 イチョウ】

写真の日付:2022年11月22日

場所:法広寺 石川県七尾市鵜浦町52-1 

 

 


スポンサーリンク
おすすめの記事