pickup
徳川幕府献上品名物 玉子巻きで有名な老舗のお寿司屋 松乃鮨 【七尾市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、グルメ担当とっちです!
七尾で創業150年を超える老舗のお寿司を紹介します。

 

 

現在、感染拡大防止に協力して、営業時間、メニュー等を変更されている店舗が多数あります。

ご利用の際は、事前に店舗にご確認されることをおススメします。

徳川幕府献上品名物 玉子巻「玉宝」

実は松乃鮨のルーツは江戸時代にあります。ルーツは「安宅の松が鮓」で、この玉子巻き「玉宝」を江戸幕府11代将軍徳川家斉に献上したとされています。その華麗な色彩感が話題となり、江戸中で最も贅沢な寿司であると謳われました。当時「玉子は金の如く、魚は水晶のようだ」とたちまち評判になったそうです。そのあまりの贅沢ぶりが天保の改革で水野忠邦の発した倹約令に触れて処罰を受け廃業になりました。路頭に迷った初代が七尾の地で屋台寿司屋を創業したのが松乃鮨のはじまりだそうです。

創業明治元年から、代々大切に受け継がれて来たお寿司。
玉子巻「玉宝」は、ひと口食べると誰もが思わずにっこり笑顔になってしまう美味しさです。

地元の新鮮な食材にこだわった美しいお寿司

地元の新鮮な食材、旬の食材にこだわりぬいた、眺めて満足、食べて満足のお寿司です。

七尾市の伝統文化 「花嫁のれん ちらし寿し」 も楽しめますよ。

豊富なサイドメニューは舌鼓を打つ美味しさ

お寿司だけではなく、お客様に喜んでもらえるものを提供したいとの思いから、松乃鮨では多くのサイドメニューがあります。

国産スペアーリブの煮込み和風デミ

国産牛すじ煮込みおでん風

国産豚のもつ煮込み田舎風

どれも「お寿司屋さんなのに!?」と驚くほどの美味しさです。

松乃鮨のロゴ

明治の三筆とよばれ、近代書道の確立者の一人と言われる、日下部鳴鶴氏によってうまれた、松乃鮨のロゴも必見です。

店内にはカウンター席と個室があります。
予約すれば、団体の方の会席料理も用意できますとのこと。(6~25名)

老舗寿司屋「松乃鮨」六代目 南智文さんのご紹介

京都老舗料亭で修行し、オーストラリアへ。海外で日本料理の伝統を大切にしながらも枠のない料理に携わり経験を積んでこられた南さん。
豊かな漁場が育む朝どれ魚の新鮮さ、ネタの豊富さ、能登産の美味しいお米を、たくさんの方に味わってもらい「七尾は寿司の街」というイメージを育てていきたいと笑顔で話されていました。
南さんの、地元愛にあふれる美味しいお寿司を、ぜひ食べに来てくださいね。

【松乃鮨 店舗詳細】

住所:石川県七尾市府中町220−6

電話:0767-53-0053

営業時間: 昼 11時~15時
夜 16時~19時です。

総座席:カウンター11席 個室4席×2室 個室6席×3室(計35席)

駐車場:有 8台完備

支払方法:現金、クレジットカード、paypay

 


スポンサーリンク
おすすめの記事