pickup
七尾にある山の寺寺院群の1つ「長興寺(ちょうこうじ))」
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

豪快な荒彫り仕上げの山門の欄間が見どころ

日蓮宗・京都立本寺旧末 久住山「長興寺(ちょうこうじ)」

長興寺は、西暦1469年、京都本山立本寺六祖・龍華院日實上人が応人の乱の戦火を避け、能登畠山家3代当主・義統公を恃み七尾に下向した折り、その化益によって創建されたお寺です。

興味深いものも祀られている

長興寺には、御守御神として、末法惣鎮守の七面大明神、また子育て安産の鬼子母神十羅刹女などが祀られているそうです。

山門の欄間は必見!

山門の欄間に、豪快な荒彫り仕上げの龍が飾られています。

境内には百日紅の巨木がある

境内には百日紅の巨木があり、8月お盆前から彼岸過ぎまで無数の深紅の花を咲かせるそうです。

私が訪れたのが6月末だったので、見ることができなかったのが残念です。

七尾港の賑わいとともに遊郭が栄えたともいわれる寺

長興寺は遊郭の芸妓が参っていたことでも知られています。芸妓や娼妓らが一心に身の安寧を祈ったなごりである「底のない柄杓」がのこされて、往時の女性たちの悲哀とひたむきな信心を偲ばせているそうです。

御朱印も受け取ることができる寺

参拝をすると、御朱印が置いてあります。300円を横のポストに入れて1枚いただくことができます。

決して広くはない境内ですが、綺麗に手入れされています。

ぜひ、足を運んでみてくださいね。

【長興寺(ちょうこうじ)」施設詳細】

住所:石川県七尾市小島町リ169

電話番号:0767-52-3482

拝観料:無料


スポンサーリンク
おすすめの記事