pickup
能登島を愛する思いが生んだお酒「純米能登島」【七尾市能登島】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、イベント担当のるっちです!

1升瓶1本分を飲むごとに畳2枚分の能登島の田んぼが守られる!能登島の酒プロジェクトが熱い!!

能登島を愛する人が作った酒がある!

 

 

「純米能登島」というお酒を聞いたことがありますか?聞いたことがない方が多いかもしれません。

なぜなら「純米能登島」は、プロジェクトが開始してから5年目。そして「純米能登島」ができてからは4年目のまだ若いお酒だからです。

20年ぶりに6軒の農家からスタートした酒造り

さかのぼること5年前、能登島の耕作放棄地を活用し、6軒の農家が20年ぶりに酒米作りを復活させました。現在ではその農家も6軒から8軒に増えています。

能登島で採れた酒米を全量、竹葉で有名な能登の酒造メーカーである数馬酒造で醸造、清酒にし、「能登島」という銘柄で販売しています。

「能登島の酒プロジェクト」はみんなが笑顔で美味しいものを作りあげる!

酒米の田植えから、刈り取りまで行います。

 

作る人達の笑顔やパワーがたっぷり込められた酒米が、美味しいお酒を作り出しているんですね。

「純米能登島」は能登島の想いが詰まった酒

純米能登島は、能登島の耕作放棄地を減らし、島を盛り上げるために、能登島の若者の有志が、島の生産者たちと協力して、特別栽培の酒米作りから取り組んだお酒です。

若者、生産者、酒蔵、書家、デザイナー、能登を思い、能登島を思う人たちの力を集結して、清酒「能登島」はつくられています。

令和2年も向田の伊夜比咩神社にて「純米能登島」の奉納が行われる

去年は、「純米能登島」の材料となる酒米もいのしし被害に遭い、多くの酒米がいのししに食べられてしまいました。

ですが、地元の皆様が稲の刈り入れまで大切に守り抜いた酒米で、無事「純米能登島」を出荷することができそうです。

令和2年の「純米能登島」の奉納の儀式が、2113時半より向田の伊夜比咩神社で行われるそうです。

酒造りに携わった方々が、感謝の思いを込めて、今年の「純米能登島」をお供えします。

こちらの奉納ですが、一般の方も参列は可能です。貴重な神事に参加希望の方はどうぞお越しくださいませ。

「純米能登島」はどこで楽しめるの?

「純米能登島」は奉納の翌日に行われる「能登島ごっつおまつり」で味わうこともできますよ!

「能登島ごっつおまつり」では、先着100名様は試飲できます。

ただし車を運転の方は飲めませんので注意してくださいね。

 

気に入った方は、「能登島ごっつおまつり」会場で購入されてもいいですし、能登島内にある「道の駅 のとじま」でも購入できます。

またそれ以外にも能登島内の民宿や飲食店、和倉温泉内の一部旅館や飲食店で楽しむことができます。

気になった方は、お店で「純米能登島」の取り扱いがあるか聞いてみてくださいね。

「純米能登島」はいくらで購入できるの?

 

「純米能登島」は1升瓶は3080(税込)4合瓶は1780(税込)です。

「純米能登島」は1升瓶1本分を飲むごとに畳2枚分の能登島の田んぼが守られます。味は辛口で飲みやすい日本酒です。

能登に来たなら、是非味わってみてください。


スポンサーリンク
おすすめの記事