pickup
七尾にある山の寺寺院群の1つ「妙圀寺(みょうこくじ)」
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

四季折々の花々も天井絵もとても美しいお寺

 

日蓮宗京都本圀寺末 法性山「妙圀寺(みょうこくじ)」

妙圀寺は、延徳2年西暦1490年、京都大本山本圀寺第11世「大聖院日堯上人」の法弟「法立院日調上人」によって開創されました。

当時は室町幕府管領畠山氏第4代義統が居城とした七尾城の麓にあり、1615年に現在地に移転され、今は「七尾 山の寺寺院群」16ヶ寺(真宗以外)の中にあるお寺です。

四季折々の草花が楽しめる境内

今回訪れた際には、新緑の時期だったので花々をみることができませんでしたが、境内には、春には枝垂桜や、アジサイ、秋には銀杏の大木、能登キリシマツツジ、紅葉、冬には柚子の木など、四季折々の草木が多数あります。

本堂には美しい天井絵がある

日蓮聖人と、お釈迦様をはじめ仏様、東西南北の守護神が奉られています。

さらに天井を見上げてみると、美しい天井絵が描かれています。

この天井絵は平成十四年、立教開宗七五〇年の記念として、住職のお母さまが描かれたものだそうです。太陽を中心に八十四枚の草花等が描かれています。

開運様がいらっしゃる「開運様 お堂」

幕の中には日蓮聖人のお弟子である日朗上人作の『開運日蓮大菩薩』の、お像が奉られています。

そしてこちらの天井にも、素晴らしい絵が描かれています。

こちらの天井絵も、昭和五十六年の日蓮聖人の七百年の遠忌に、住職のお母さまが描かれたものだそうです。百二十六枚の帆掛け船が描かれています。

この帆掛け船の絵の元は、舟に乗っている七福神です。

この七福神は家族を表し、舟は家(建物)、荒波は色々な障害に逢っても真っ直ぐ進みなさい、との意味が込められているとのことです。

三光天子、子育鬼子母神、雨ごい絵馬、大雨止め祈祷札などが収められています。

とても美しい寺院である妙圀寺。

四季の花々も楽しめます。ぜひ足を運んでみてくださいね。

【「妙圀寺(みょうこくじ)」施設詳細】

住所:石川県七尾市小島町リ166甲

電話番号:0767-52-5208

拝観料:無料


スポンサーリンク
おすすめの記事