pickup
「いしかわ百万石文化祭2023」羽咋市プレイベント!万葉集でつなぐ砂の芸術祭【羽咋市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、イベント担当るっちです。

2023年、石川県にて国民文化祭が開催予定です。

その前年である2022年に、石川県内の市町村でプレイベントが行われます。

今回は羽咋市のプレイベントをご紹介しますね。

いしかわ百万石文化祭2023

「いしかわ百万石文化祭2023」とは、

「いしかわ百万石文化祭2023」は第38回国民文化祭と第23回全国障害者芸術・文化祭の統一名称です。
各種の文化について全国規模で発表、共演し、障害のある人もない人も、共に参加して交流の輪を広げていく文化祭です。

(いしかわ百万石文化祭2023ホームページより)

いしかわ百万石文化祭2023 開催期間:

令和5年10月14日(日)~令和5年11月26日(日)

※ロゴマーク使用は、羽咋市役所様を通じて使用許可をいただいております。

羽咋市でプレイベント開催!

羽咋市では、いしかわ百万石文化祭2023のプレイベントとして、「万葉集でつなぐ砂の芸術祭」を開催します。

「万葉集でつなぐ砂の芸術祭」とは?

令和5年に行われる「いしかわ百万石文化祭2023」のPRを目的として、

羽咋市と関連深い大伴家持・折口信夫をつなぐ万葉集をテーマに砂像が作られ、新旧文化の魅力を発信します。

そこで、砂像deデジタルスタンプラリ-は行われます。

「砂像deデジタルスタンプラリ-」

砂像は、羽咋市の魅力あるスポットのうち3か所で作られます。

①能登千里浜レストハウス(羽咋市千里浜町タ4番地1)
②宇宙科学博物館コスモアイル羽咋(羽咋市鶴多町免田25番地)
③氣多大社(羽咋市寺家町ク1番地1)

この3か所にてデジタルスタンプラリー「砂像deデジタルスタンプラリ-」を実施し、達成者には羽咋市のオリジナルグッズや特産品を抽選で20名に進呈予定です。

また、達成者については、「道の駅のと千里浜」にて羽咋市オリジナルトートバッグを先着50名にプレゼント!

※10/3現在、オリジナルトートバッグは先着50名に達し終了いたしました。

砂像deデジタルスタンプラリーの方法は?

①3か所の各砂像の横に、砂像の説明文とQRコードがついた看板があります。
②看板のQRコードををスマホで読み取ります。(専用アプリ等は不要)
③スタンプ取得の画面へ移動します。
・3つ揃うと応募フォームへ移動できるようになっています。

★3つ揃った画面を道の駅のと千里浜レジで見せると、先着50名にトートバッグがあたります★

※10/3現在、オリジナルトートバッグは先着50名に達し終了いたしました。

砂像deデジタルスタンプラリーの開催期間は?

万葉集でつなぐ砂の芸術祭の「砂像deデジタルスタンプラリ-」の開催期間は、

令和4年10月1日(土)~11月30日(水)

※10月1日(土)にプレスタートイベントを能登千里浜レストハウス(羽咋市千里浜町タ4番地1)にて開催!

砂像設置場所は?

砂像設置場所である3か所を巡れば、あなたも羽咋通になれる?!

①能登千里浜レストハウス(羽咋市千里浜町タ4番地1)

千里浜レストハウスについてはこちら↓↓↓

素敵なカフェは食事処、お土産物が充実した施設です。

海を望むことのできる絶好の場所に作られる砂像はどんなのでしょうか・・・!

②宇宙科学博物館コスモアイル羽咋(羽咋市鶴多町免田25番地)

羽咋市に来たならばここは必見の場所!

↓↓↓

子供も大人も楽しめる宇宙科学博物館。

個性あふれるおグッズが並ぶ売店が個人的にお気に入りです♪

どんな壮大な砂像が作られるのでしょう・・・♪

③氣多大社(羽咋市寺家町ク1番地1)

氣多大社(けたたいしゃ)は、羽咋市にあり、能登国一宮の神社として大変有名です。

本殿など5棟の社殿が国の重要文化財に指定され、国の天然記念物の「入らずの森」でも有名です。


是非、砂像を巡って由緒ある神社も参拝していってくださいね。

●問合せ先 いしかわ百万石2023羽咋市実行委員会事務局
生涯学習課
〒925-8501 羽咋市旭町ア200番地
TEL0767-22-9331  E-mail syoukan@city.hakui.lg.jp

 


スポンサーリンク
おすすめの記事