pickup
七尾市立図書館内「七尾ふるさと文庫館」で七尾の文化人・歴史そして漫画の紹介!【七尾市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです!

令和4年2月12日。七尾市立図書館内に、「七尾ふるさと文庫館」がオープンしました。

※七尾市立図書館内、七尾ふるさと文庫館は一部を除き撮影禁止です。今回は許可を得て撮影させていただいております。ご協力に感謝いたします!

七尾市立図書館は、七尾駅前にある総合商業施設「ミナ.クル」3階にあります。

3階の図書館入り口には、七尾湾の海の色のような青いタペストリー。

「七尾ふるさと文庫館」創設のために新調された、七尾市立図書館自慢のタペストリーです。

七尾市立図書館内の一角に、「七尾ふるさと文庫館」があります。

青い柱が目印ですよ。

令和4年2月12日にオープンしたばかりなので、綺麗なお花が飾られています。

能登は古くから文化交流の拠点となり、中でも七尾は多くの文化人を輩出してきました。

文庫館、とあるからには「本」に纏わる文化人が主に紹介されています。

七尾の著名人のパネルが著書とともに掲げられています。

直木賞作家 杉森久英さん

伝記作家の第一人者とされる、杉森久英さんは、七尾市一本杉町出身です。

昭和37年、50歳の時に著書「天才と狂人の間」が第37回直木賞を受賞しました。

自伝小説「能登」では平林たい子賞、「近衛文麿」では毎日出版賞を受賞しています。

昭和54年に出版された「天皇の料理番」は、現在までに3回もテレビドラマ化された名作です!

片田舎の青年が、天皇の料理番を勤めるまでに成長する感動の人間ドラマです。

平成27年のドラマ化では人気俳優・佐藤健が主演しました。記憶にある方も多いと思います。

あのドラマの原作者が七尾市出身の杉森久英さんだということをご存じでしたか?!

杉森久英さんの書斎が再現されています。

当時の杉森氏が垣間見ることのできる空間です。

七尾の文学作家の紹介

他にも以下の文学作家が紹介されています。著書もあります。

気骨の文人画家・横川巴人(よこがわはじん)

戦前自然主義の作家・藤沢清造(ふじさわせいぞう)

能登に俳句を広めた俳人・大森積翠(おおもりせきすい)

室生犀星に憧れた抒情詩人・宮崎孝政(みやざきたかまさ)

ふるさと七尾を愛した心の詩人・相澤道郎(あいざわみちろう)

ヒコーキ野郎の夢と現実を記録・平木国夫(ひらきくにお)

能登の昔ばなしとファンタジーの作家・坪井純子(つぼいじゅんこ)

忍者・剣豪小説の大家・戸部新十郎(とべしんじゅうろう)

七尾の作家、あなたは何人ご存じですか?

人気歴史漫画「センゴク」の宮下英樹さん

人気歴史漫画「センゴク」シリーズの作者・宮下英樹さんは、七尾市石崎町の出身です。

史上最も失敗し、挽回した武将「仙石権兵衛秀久」の一代記!で長く続く大人気の漫画です。

この「七尾ふるさと文庫館」オープンにあわせ、「センゴク」の原画展が開催されています。

本人によるサイン会も行われましたよ。

宮下英樹 原画展

原画、そして記念色紙は七尾ふるさと文庫館まで足を運んで、じっくりご覧下さいね!

絵の躍動感、迫力を是非感じてみてください!

宮下英樹原画展は2022年2月12日(土)~3月13日(日)までです。

入場料はありません。

無料で観ることができますよ。

「センゴク」の顔出しパネル

七尾ふるさと文庫館の目玉はといいますと、

こちら「センゴク」の顔出しパネルです。

壮大な歴史の主人公になりきってみませんか?

こちらはもちろん撮影可です。

七尾ゆかりの漫画

七尾市出身の漫画家さんは、宮下英樹さんの他に、

「医龍」の乃木坂太郎さん

「あらいどき」の橋本ゆうすけさん

「赤ずきんチャチャ」の彩花みんさん

「20時過ぎの報告会」ヤチナツさん

がいらっしゃいます。年代にもよりますが、七尾市出身の漫画家とは知らずに読んでいた漫画もあるのではないでしょうか。

ちなみにヤチナツさんは、のとルネのキャラクター、のっち・とっち・るっちを描いていただいていますよ!

七尾市が舞台となっており、映画化・アニメ化が決まっている「君は放課後インソムニア」も揃っています。

七尾の歴史文化エリア

七尾市にある史跡や、かの有名な絵師・長谷川等伯についての資料コーナーです。

七尾の歴史や文化を知りたいなら、ここで学ぶことができます!

手描きイラストが可愛い七尾ふるさとマップ

こちらの七尾ふるさとマップ。

七尾市の特産や名所がわかりやすいマップになっています。

なんと、七尾市立図書館の職員さんが描かれたイラストだそうですよ。

七尾を愛する気持ちがこもった優しいイラストに見入ってしまいました!

地元の方には、自らの郷土を存分に知ることができる場です。

七尾市外の方にも、七尾市のことをより深く知っていただける場です。

七尾駅前という好立地ですし、あいたお時間にでも是非寄っていただきたい学びの場所です。

七尾市の市花「菜の花」と万年筆をあしらったフラッグも何気にオシャレですね。

【七尾ふるさと文庫館 詳細】

七尾市神明町1番地ミナ.クル3階 七尾市立図書館内

0767-53-0583

開館時間 10:00~18:00

休館日 年末年始、資料整理日

 


スポンサーリンク
おすすめの記事