pickup
アンティーク&レトロな物を買うなら「おうちショップ風はや」【中能登町】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、観光担当のっちです。

アンティークな物、レトロな雰囲気が好きな方には必見のお店です!

隠れ家的な場所でありながら爽やかな風が吹く田園の真ん中にあります。

実は能登最大のクラフトイベント「田園マーケット」の主催者さんでもあります。

アル・プラザ鹿島近くの「おうちショップ風はや」

中能登町にあるショッピングセンター「アル・プラザ鹿島」。

その周りには田園が広がります。

その田園の中に、「おうちショップ風はや」さんがあります。

良く見ないとわからないかもしれませんが、ちゃんと看板がありますよ。

お盆に文字タイルで作られたものすごく可愛い看板!-

上から

「おうちショップ風はや」(かぜはや)

「ガレージショップ里部里」(りぶり)

「小さな古本屋さんぽみち」

とあります。

「おうちショップ風はや」・・・古物を扱うショップ名

「ガレージショップ里部里」・・・イベント主催時に使用する名称

「小さな古本屋さんぽみち」・・・古本を取り扱うショップ名

と使いわけていらっしゃいます。

古物の小物から家具までそろう「風はや」

扉をくぐるとそこは別世界だった!!

という言葉が出るくらい、アンティークの小物が並びます!

置かれているものは、ガラス雑貨、器、家具、古本、古雑誌、ブリキなどなど・・

古物商では珍しい分野の広い古道具屋さんです。

所狭しと置かれている時代物の小物、器、生活用品。

たくさんあるのでひとつひとつ見入っていると時間を忘れてしまいそうになります。

「おうちショップ風はや」さん店主

店主の風はやさんです。もちろん、本名ではありませんが、みんなから風はやさんと呼ばれています。

ダンディですね!

風はや

という名前に込められた意味は、

風っていうのは世界中どこにでも吹いていて、素晴らしい場所から廃れたところまで満遍なく吹く。

常にどこでも風は吹いているが、人間はそれに対応できるんだよ、ということだそうです。

ガレージショップ里部里(りぶり)の言葉にも意味がありますが、後述しますね。

アンティークながら現役で動く扇風機の前でお話ししてくださる風はやさん。

このアンティークなたくさんの品物はいつから、どこから集まるのでしょう?!

風はやさんは子供の頃からコツコツと集めることが好きだったそうです。

大人になり30代になってからアンティークな物に惹かれ、

自由に使えるお金と移動手段があるからこそ、全国をまわって買い求めることができたそうです。

そして30代後半に「おうちショップ風はや」さんをOPEN。

現在60代に入った風はやさんですが、ショップの他にクラフトマーケットなどイベントを主催するなどますます精力的に活動されています。

今現在こちらのショップは「自分の趣味の集大成」だとお話しされます。

このショップやイベントを通して、古道具の素晴らしい世界観が人々に伝わるようにご説明しますよ。

風はやさんとお話しすると、店内の品々を手にしたくなっちゃいますよ♪

愛着のあるものが、いくべきところにいくと嬉しい、物と人をつなげる風はやさんです。

ちなみに、こちらのショップで一番のオススメの品は何ですか?とお聞きすると案内されたのがこちら。

風はやさんの似顔絵・・・

ではなくて(笑)奥の瓶です。

明治か大正からかのこる「カルケット」と描かれた瓶です。レトロ感たっぷり。

たくさんの醤油刺し。

ぐい呑み?いえ、「のぞき猪口」というらしいですよ。九谷、古伊万里などがあるそうです。

掲載しきれませんので、あとは来店時に是非ご覧くださいませ♪

小さな古本屋さんぽみち

おうちショップ風はやさんには古本もありますよ。

装丁だけで欲しくなってしまうかもしれません。

絶版もの、古い紙の匂い、手触り、古本好きの人のツボに入る本が必ずあると思います。

店内のあちこちにちょこちょこっとあるのでお見逃しなく!

田園マーケット主催!ガレージショップ里部里

現在、能登最大といわれるクラフトマーケッ「田園マーケット」をご存知ですか?

七尾市を中心に年二回開催されているクラフトマーケットです。

以前の田園マーケットの様子です↓↓↓

県内外から出店・集客のある大人気のイベントです。

その主催は、こちらの風はやさんなんです。

キャップにはさりげなく田園マーケットのマスコットキャラクターのバッジ。可愛い!

イベント主催する際は「ガレージショップ里部里(りぶり)」という名称でしています。

里部里にこめられた意味は、

里と里の間に「部屋」。

里と里の間にたくさんの素敵な部屋が連なれば良いな!という、願いがこめられています。

田園マーケットのイメージそのものですね!

2022年春に、開催場所を初めて七尾コロサスキー場にしました。

七尾市街地から離れていた場所とはいえ、たくさんの集客がありました。

「七尾にこんなところがあったなんて!」と施設の周知にも一役かいました。

蔵など解体前に連絡を!

年代物を高く買い取り査定いたします。

●古民具(庶民が使っていた古い時代の日常生活道具

●古着物(木綿、かすり、ちりめん等)

●古本、古美術品、昔のおもちゃ、アンティーク品

●懐かしい物からちょっと珍しい物

●そのほか、古いものならなんでもお見せください。

古陶器

茶道具

アンティーク品

刀剣

古人形

水屋

ランプ

古着物

ガラス品

古いガラス棚

ブリキ

軍隊もの

その他

古家、蔵などの整理、解体の前にお電話ください。

電話 090-6276-7632

おうちショップ風はやの営業時間は?

おうちショップ風はやさんは、不定休で、営業時間は基本的に10時~13時となっています。

しかしまずはお電話をいただければとのことです。

手に馴染む1品を探しに、おうちショップ風はやさんにいらしてみて下さいね。

【おうちショップ風はや 詳細】

住所 鹿島郡中能登町井田カ部33

電話 090-6276-7632

営業時間 10~13時(前もって電話確認が必要です)

不定休

おうちショップ風はや

ガレージショップ里部里

小さな古本屋さんぽみち

 


スポンサーリンク
おすすめの記事