pickup
“能登千里浜レストハウス”でオーシャンビューのレストラン浜焼き能登風土千里浜店【羽咋市】
スポンサーリンク

のとルネアンバサダー、グルメ担当とっちです!

2021年2月にリニューアルオープンした能登千里浜レストハウス。

浜焼き能登風土(七尾市)の運営となり、レストランで牡蠣が楽しめるようになりました。

本店である「浜焼き能登風土」はこちら↓↓↓

オーシャンビューで能登の海の幸を食べる!

レストランの窓際はガラス張りになっていて、外の景色と食事をともに楽しむことができます。

秋冬季期間(10月〜5月中旬頃)は能登の特産である“能登牡蠣”を浜焼きスタイルで楽しむことが出来ます。

能登風土の本社は中島町にあり、牡蠣の養殖を行っています。

ですので能登の美味しくて新鮮な牡蠣が食べることができます。

夏の期間は旬の海鮮を中心に楽しむことが出来ますよ。

注文システムについて

能登千里浜レストハウスへ入り、売店の奥はSSTR cafeがあります。

その右手から奥へ進むと、レストランです。

レストランは最大310席と広々としています。

入口の券売機で注文をし、席でレシート記載の番号が呼び出されるのを待ちます。

各種電子マネー、バーコード決済にも対応しています。

注文を待つ間に、注文内容に応じて必要な物を席に準備します。

牡蠣を注文した場合は食べた後の牡蠣の貝殻を入れるバケツも必要です!

セルフ形式ですので、席にて待ち、番号が呼び出されたら受取口へ取りに行きます。

牡蠣コースを堪能!

千里浜レストハウス内のレストラン能登風土千里浜店では、

定食や麺類、焼き物などがとり揃っています。この時期一番のオススメは

冬季限定!能登かきコース 3500円

でしょう。

季節の突き出し

殻付き牡蠣 10個

牡蠣フライ

牡蠣釜めし

お吸い物・香の物

がついたコースとなっています。

ちなみに夏は浜焼きコースとして、海鮮浜焼きのコースがありますよ。

牡蠣釜飯、牡蠣フライ、焼き牡蠣、と牡蠣尽くしでボリューム満点です!

釜飯は生米から炊くので時間がかかりますので焼き牡蠣を食べながら炊き上がりを待ちます^^

こんな大きな牡蠣が10個ついてきます!

牡蠣は火が通ってきたら殻が開いてグツグツしてきます。

完全に開くわけではないので、殻が開いて少ししたら自分で開いて確認しましょう。火が通り過ぎると固くなってしまいます…!

開いてまだ生っぽいなと思ったらそのまま網に戻して好みの状態まで焼き直せば大丈夫です。

写真の牡蠣は、もうしっかり焼きあがっています!

一度にたくさん乗せると、焼けるスピードに追いつけず慌てて食べることになったり焼き過ぎたりするので1、2個ずつ焼いた方がよいそうです。

牡蠣10個も、たくさんあるなーと思っていましたが…プリプリして美味しくて追加したい気分になりました(笑)

釜飯は火が消えてから10分ほど蒸らすので時間がかかりますが、牡蠣を食べながらだとあっという間でした。

家で作る炊飯器の炊き込みご飯とは違う、釜飯の美味しさ…!

底の部分のおこげがこれまた美味しかったです!!

釜飯が炊けたら、すまし汁の引換券を受取口へ持っていってくださいね。

年末年始も営業、年中無休!

かなりボリュームがありそうだなと心配していましたが、心配は不要でした(笑)

栄養満点の牡蠣をたっぷり楽しめ幸せいっぱいです♪

お腹いっぱいになったら、食器や使った道具などは返却口へお持ちくださいね。食後の運動です(笑)

ゴミや道具の分別収集の箱があるのでそれぞれ分けて入れましょう。

牡蠣の焼き方の説明

浜焼き能登風土社長、酒井氏が自ら説明するこの「牡蠣の焼き方」があれば、

みんな美味しく牡蠣をいただくことができますよ♪

英語バージョンもあります!

能登千里浜レストハウスは年中無休!

能登千里浜レストハウスは年中無休ですので、大晦日や元旦も利用出来ますよ。

席数が多いので、家族や親戚での利用にも良さそうです。

メニューも、牡蠣や浜焼きだけでなく、定食類、麺類などもありますので、それぞれの好みに合ったものを注文できます。

勿論、おすすめは今の時期しか味わえない能登牡蠣だそうです。

ぜひお楽しみください^^♪

【能登千里浜レストハウス 浜焼き能登風土 千里浜店】

住所 石川県羽咋市千里浜町タ4-1
連絡先 0767-22-2141
営業時間 11:00〜ラストオーダー15:30
定休日 年中無休
駐車場100台、のと里山海道千里浜ICから3分


スポンサーリンク
おすすめの記事